英会話の勉強

元駐在員が教えるビジネス英語の勉強法とメールの書き方の基本

ぺんぺん
ビジネスで英語を使えるようになりたいけど、どのような勉強をしていけば良いのかわからないんだよね・・・。

そんな不安を解決します。

この記事の内容

☑日常英会話とビジネス英語の違いを解説

☑独学でビジネス英語を勉強する方法を解説

☑英語のメールの基本を解説

他サイトのほとんどは英語のプロが解説したものであり、『元から』英語が得意な人たちが解説をしています。そうした記事や先生方の英語表現は適切なもので、とても参考になるのですが、

『英語が苦手だった人間がどのようにしてビジネス英語の勉強をしたのか』

『英語が苦手な人間がどのようにしてビジネス場面で英語を使えば良いのか』

といった視点に欠いています。また初心者への理解の無い先生も多くおられます。

一方でこの記事は、まずはビジネス英語初級を目指したいという方に向けたものです。

僕はもともと英語で道案内も出来ないレベルの英語力でした。英語の勉強をはじめたのは20代後半から。

こつこつと英語学習を続け、今では英語使って仕事が出来るレベルまでになりました。

そんな僕が提案する勉強法を実践すれば、英語初心者からビジネス英語初級レベルを目指すのも決して難しい目標では無いと思います。

ぺんぺん
ふーん。初心者でもビジネス英語を学べるの?
目的に応じた限られた場面で良いのであれば初心者からでもビジネス英語初級は十分に目指せるよ。まずはこの記事を参考にしてみてね。
わんわん

ビジネス英語学習の流れ

ビジネス英語を学ぶのであれば、勉強をはじめる前に下記の3つを実施する事がおすすめです。

1、いつまでにどのようなスキルが必要かを考える。

2、目的のスキル・レベルに到達するための計画を立てる。

3、日常英会話とビジネス英語の違いを知る。

ぺんぺん
なるほど。まずは何が必要かを棚卸するということだね。
その後に目的別にしっかり計画を立ててスキルを目的のレベルに上げていけば良いよ。
わんわん
ぺんぺん
なんかドラクエみたいだね。

いつまでにどのようなスキルが必要かを考える

ビジネスで英語を使うといっても下記のようにその内容は様々です。

❶海外の支店の人と英語でメールのやりとりがある(ライティング・リーディング)

❷技術マニュアルが英語で読解力が必要(リーディング)

❸海外出張があってセミナーや打合せが英語(スピーキング・リスニング)

❹海外のお客様との食事会などで英会話が必要(スピーキング・リスニング)

例えば、

❶であればメールの書き方や定型文を覚える

❷であれば専門用語や専門的な言い回しを覚える

❸であればビジネスでの英会話フレーズを覚える

❹であれば日常英会話力を鍛える

といったようなことが必要です。

そこで、まずは自分が必要なビジネス英語のスキルを考えてみることがおすすめです。上であげたものが複数または全部該当する場合は、目的別に英語のスキルを分類して、優先順位を決めて勉強をはじめていきましょう。

ビジネス英語初級って?

一般的にビジネス英語初級レベルとは「仕事に困らない最低限のコミュニケーション」レベルを指します。このレベルに達していれば、自己紹介や転職活動などでも「ビジネス英語初級です」と言っても問題ありません。

この記事はビジネス英語初級を目指す人のための記事だよ。
わんわん

まだ日常会話も出来ないよ!という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

『英会話 初心者』で検索をすると一番上に表示される人気の記事で、毎月2万人が参考にしている記事です。

ビジネス英語学習に必要なお金って?

上で挙げた全てのスキルを初級レベルまで上げると考えた場合、普通に考えると以下の費用がかかります

英文メールの参考書 2000円くらい
英語で書かれた専門書 1000円~数万円(専門分野により金額がかわります)
英会話 144,000円くらい(ビジネス特化のオンライン英会話を1年続けたとして計算)
合計 15万円くらい

「いやいや、ビジネス英語なら3年5年は勉強しないとダメなのでは?」という声が聞こえてきそうです。

この記事で定義しているビジネス英語『初級』とは、あくまでも「仕事に困らない最低限のコミュニケーション」レベルを指しています。

だいたいこのくらいの金額で、なんとかビジネスで英語を使うレベルにもっていく事が可能です。

ぺんぺん
うーん、でもやっぱりお金かかるね。
この金額で得られる価値としては安いくらいだと思うよ。ビジネスで英語を使えることが出来れば仕事のチャンスは広がるからね。
わんわん

💡日本には、ビジネスレベルの英語力を持った人は多くありません。これは社内であっても転職であっても優位に立てるチャンスです。

予算的に少し厳しいと思った方は、オンライン英会話の期間を短くし、独学でビジネス英語フレーズを覚えていき、ビジネスシーンを想定した独り言をしてみるといったような一人で出来る学習に力を入れる手もあります。

この記事の「独学でビジネス英語を勉強する」の章を参考にしてみてください。

どれくらいの時間勉強したらいいの?

基本的には自分のペースで勉強してください。

お勧めのペースは、平日2~3時間、土曜日3~4時間、日曜日・祝日休みなど飛ばしすぎないくらいがちょうど良いと思います。ただし1年は勉強を継続しましょう。

ビジネス英語を習得するにしては1日の勉強時間が少ないと思われるかもしれませんが、英語学習は50m走ではなくて、長距離走と考えて頂けると少し納得して頂けると思います。最後に目標を達成できるのはこつこつ頑張る人です。

学習量はもちろん大切ですが、自分の目的に応じた最低限のレベルで良いのであれば1日2~3時間の学習量でビジネス英語『初級』は十分に目指せます。
わんわん

ビジネス英語学習の計画の立て方

自分に必要なビジネス英語のスキルの棚卸が出来たら、次に必要な英語スキルの習得までの計画を立てていきましょう。英語のメールであれば参考書を購入し、型を真似しながら実践で覚えていくことも可能ですが、電話対応やミーティング、海外出張で使う英語に関しては体系的な学習が必要です。

ビジネス特化のオンライン英会話のBizmates(ビズメイツ)で学習をはじめた場合、必要なスキルに応じて、下のような体系的な教材が用意されています。

ぺんぺん
ふむふむ。ここから必要なスキルを選ぶわけだね。
各スキルには下のような20レッスンの体系的な教材が用意されているよ。
わんわん

例えば、電話対応のスキルが必要である場合、レベル1とレベル2~3の2セットであわせて40レッスン分の教材が用意されています。だいたい月に20レッスン受けるとした場合、2か月で英語での電話対応の方法が学べるという事となります。

このように教材にそって学習計画を立てると、計画が立てやすく挫折しにくいのでおすすめです。

ビズメイツは無料体験レッスンも用意されているので、気になった人は試してみるのもありだと思います。
わんわん

«「Bizmates(ビズメイツ)」の解説記事をチェック

 

独学でビジネス英語を勉強する

オンライン英会話での体系的な学習以外にも独学でも勉強出来る事もあります。具体的なビジネス英語の勉強方法を3つ紹介しますので参考にしてみてください。

ぺんぺん
ふーん。ビジネス英語って独学でも勉強が出来るの?
英会話フレーズを覚えたり、リスニング力を鍛えたり、メールの型を勉強したりするのは独学がおすすめだよ。この章を参考にしてみてね。
わんわん

メールは参考書を使って勉強する

ビジネスで英語でのメールのやりとりがある人は、メールに関する参考書を1冊手元においておくのがおすすめです。なぜならメールのやりとりはほとんど型が決まっていて、単語やフレーズを入れ替えれば応用が出来る場合がほとんどだからです。これは日本語でのビジネスメールと同じですね。

ぺんぺん
「~様 いつもお世話になっております。ABCカンパニーのわんわんです。なんたらかんたら~よろしくお願いいたします。」ってやつだね。

ビジネスメールの型に関してはシンプルなフォーマットをこの記事の後半で紹介していますので、必要な方はそちらを確認してみてください。

TOEICでビジネス語彙を覚える

ビジネスで使われる語彙を増やすにはTOEICの勉強がお勧めです。TOEICは実際にビジネスに使われる単語が出題されており、多くの企業が社内評価、転職評価にも採用しています。

TOEICにはアウトプットの試験が無いという批判もありますが、アウトプットのベースとなるインプットしている語彙や読解力の目安として最適な試験です。

例えば、下のツイートは僕がTOEIC頻出の形容詞を10個並べたものですが、いずれもビジネスでも良く使う単語です。


イイネが900もついているのは、それだけTOEICを活用して英語学習をしている人が多いからです。

ビジネス頻出のシーンのリスニングやメール・ビジネス文書の読解もあるのでビジネス英語で何から勉強をはじめて良いかわからないという方はTOEICから手をつけてみるのもおすすめです。

目指すべき目安の点数は800点。800点は社内評価される点数であり、転職の際の足切りの目安の点数です。
わんわん

ビジネスシーンを想定した独り言

事前に、打合せで話す内容を問題無く話せるかどうか、独り言で話してみるのがおすすめです。

プレゼンがなかったとしても、例えば製品について・議題について説明や意見を求められる事が想定されます。そういった説明や意見を前もって英語でアウトプットしておくことで、本番の打合せでもスムーズに英語を話す事が出来ます。

とくに英語に自信が無い人は前もって英語で話を整理しておきましょう。

事前に独り言で話す内容をまとめておけば、うまく説明や意見を英語で述べることが出来ます。
わんわん
ぺんぺん
イメージトレーニングみたいだね。

可能であれば、そうした内容をオンライン英会話で講師にチェックしてもらうのがおすすめです。

ビジネスでの英語の言い回し

英語は直接的な言葉であるとよく言われていますが、実際には遠回しな言い回しやクッション言葉が日本語以上に存在します。この記事では具体的な言い回しやクッション言葉をいくつか紹介をしますので参考にしてみてください。

誰だろうか、英語は直接的な言葉だと広めた人は・・・。
わんわん

クッション言葉

代表的なクッション言葉を紹介します。これらの言葉を用いる事で、ニュアンスがかなりやわらかいものへと変わります。

■If possible,
可能なら

Could you change to the window seat, if possible?
できれば窓側の席に変えてもらえませんか?

■I’m afraid
残念ながら

I’m afraid that I can attend the party.
残念ながらパーティーには出席できません。

■Do you mind if
~してもかまいませんか?

Do you mind if I smoke?
タバコを吸ってもいいですか?

Do you mind~?は、 ~を気にしますか?といった意味で、日本語にすると「~しても良いですか?」と訳されることが多いです。日本語訳につられてしまうと、「いいですよ。」のつもりが「Yes(やだよ)」となってしまうことがあります。

■Don’t get me wrong.
誤解しないでね。

Don’t get me wrong. I just trying to help you.
誤解しないで。ただ力になりたいだけだよ。

■If you do not mind me asking,
聞いても構いませんか?

How did you get this job, if you don’t mind me asking?
どうやってこの職に就いたか聞いても構いませんか?

遠回しな言い方

同じように、遠回しな英語表現も多く存在します。

例えば、相手を直撃しない言い方として下のような「What brings/made~」などがあります。

What brings you to Tokyo?
東京にこられたのは何が理由ですか?

What made you choose this job as your profession?
この仕事を選んだ理由は何ですか?

What made you decide to participate in our seminar?
セミナーに参加した理由は何ですか?

💡これらをWhy(なぜ?)と聞いた場合、とても直接的な表現となり、時には角の立つ言い方となるので注意しましょう。
Why(なぜ?)ではなくて、What bring/made you ~(何があなたをそうさせたの?)と聞く方が丁寧です。

💡また、なにげない会話中に「No」と言う場合も同じように、
Noはリアクションとしては直接的すぎるので、状況に応じてNot really(そうでもないよ)を使うのがお勧めです。

また、助動詞はイメージで覚えておくというのがおすすめです。

下のCanとCouldのイメージ図を比べてみてください。何故Couldがより丁寧になるか理解が出来ると思います。

ぺんぺん
助動詞のイメージをもっと見たい人は下の記事を参考にしてね。

【大人の暗記術】イメージで出来る英語の助動詞の覚え方と使い分け

スモールトーク

相手とのコミュニケーションが大切なのは、ビジネスでもプライベートでも変わりません。

上で紹介したようなクッション言葉や遠回しな言い方も、もちろん大切ですが日常英会話力を上げるというのも大切です。

会話のアイディアについて困ったらこちらの記事をどうぞ、場面別で200例文以上が用意されています。

日常英会話のフレーズ・例文集(挨拶・自己紹介など200例文)

 

英語メールの基本

ビジネスで英語を使うにあたり、英語でのメールは避けて通れません。この章では、ありがちなシチュエーションでのメール例と、役に立つメールフレーズを紹介しています。本格的に勉強をはじめる際には、参考書を用意するか、オンライン英会話で体系的に身に着けるべきですが、英語のメールがどういったものなのかひとまず知りたいという方は、下記を参考にしてみてください。

メール例(お礼メール)

見出し:Thank you for your time – Wanwan
(お時間をありがとうございました - わんわん)

Dear Mr. Saito,
(斎藤様)

Thank you for meeting with me today to discuss our new project.
(本日は新規事業の打合せに時間を取って頂きましてありがとうございました。)

〇〇〇〇〇〇(伝えたい事・確認事項)

I appreciate the time you took to meet with me and I look forward to working with you.
(お時間を取って頂きました事に感謝しております。一緒に働ける事を楽しみにしています。)

Best regards,
(よろしくお願い申し上げます。)
Wanwan
(わんわん)

☑はじめてメールを送る相手の場合は、本文の冒頭もしくはタイトルで名乗っておくと、スパムメールと区別が出来るので親切です。

☑Thank you for ~(~に対してありがとうございます)

この言い回しはお礼を述べる際に便利なフレーズです。

☑I look forward to working with you.(一緒に働けるのを楽しみにしています)

メールの最後によく見かける言い回し方です。

☑Best regards, (締めの言葉)

他にもいろいろ締めの言葉があります。ビジネスであればBest regards,あるいSincerely yours, が良く使われます。

Sincerely yours,がより丁寧な締めの言葉です。

メール例(アポイントを取る時)

見出し:Request for an appointment(アポイントの依頼)
本文:
Dear Ms. Saito,(斎藤様)

I hope you are doing well.
(お元気にしているものかと思います。)

I’m writing this e-mail because we would like to meet with you on our next business trip on the 20th of May.
Are you going to be available on the 20th of May?
(5月20日の次の出張の折にお会いしたいと思いメールを送らせて頂いております。
5月20日のご都合はいかがでしょうか?)

Best regards,
(よろしくお願い申し上げます。)
Wanwan
(わんわん)

☑Request for (~の依頼)はタイトルに使えるので便利です。他にもRequest for confirmation (確認願い) Request for quotation(見積り依頼)など。

☑I hope you're doing well.(お元気にしているものと思います。) ちょっと連絡の間の空いた相手に使う出だしの言い方です。

☑I'm writing this email to/I'm writing this email because(~の件でメールさせて頂いております。)

文章の書き始めに便利なフレーズです。

Are you going to be available on ~ (~のご都合はいかがでしょうか?)

相手の予定を聞くときに便利なフレーズです。

メール例(書類の確認願い)

見出し:Request for document review
(書類の確認願い)

Dear Mr. Saito,
(斎藤様)

Attached to this email is a copy of the documents regarding the new project. I’d appreciate it if you could check it for me and let me know your feedback.
(新規事業に関する書類を本メールに添付致しております。ご確認を頂き、フィードバックを頂けますと幸いです。)

Best regards,
(よろしくお願い申し上げます。)
Wanwan
(わんわん)

☑attached (添付されたもの)

僕もはじめてみた時は、「?」と思いましたが、後ろに名詞が省略されたこの表現にたまに出会います。enclosed(同封されたもの)というのもあります。

☑I’d appreciate it if you could(~して頂けると幸いです。)

丁寧に頼みごとをする時のメールフレーズです。

 

おわりに

記事を読んで頂き、ありがとうございました。この記事のような英会話初心者に向けた情報発信や記事の更新の告知などをツイッター上で行っています。興味のある方は、わんわん(@wanwan_english)をフォローして確認してみてください。

記事の中で紹介したビジネス特化のオンライン英会話に興味がある人はこちらの記事もどうぞ。

Bizmates(ビズメイツ)の口コミと評判【550回受講しました】

英会話初心者の人であれば、こちらの記事もどうぞ。
わんわん

英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

-英会話の勉強

© 2020 わんわん英会話 Powered by AFFINGER5