英会話の勉強

「やる気スイッチは最終兵器」日々のモチベーションを保つのは英語学習の習慣

☑いまいち英語学習のスイッチが入らない。

☑英語の勉強が続かない。

☑仕事で疲れて勉強どころじゃない。

そんな人におすすめの情報をまとめています。

「英語学習をしてるんだけど、なんかやる気でないんだよなー・・・。」そんな事を考えていませんか?

隠さなくても大丈夫です。僕にはわかります。なぜならこのタイトルの記事をクリックしているからです。(キリッ)
わんわん
ぺんぺん
・・・。

英語学習において一番大切なものは『継続』です。

モチベーションに頼って勉強をしていると、やる気が出ない日には英語の学習をさぼってしまうかもしれません。一度さぼれば、次の日もさぼってしまうのが普通です。そして次の日もさぼれば、勉強の再開が難しくなります。

この記事では、英語学習を継続するために必要な勉強を習慣化させる方法と、疲れたときにちょっと頑張れる方法をまとめていますので参考にしてみてください。

ところで、わんわんって誰?

もともと英語が苦手だったけど、アメリカへの留学を経て東南アジア駐在員として英語を使って仕事をしていました。今は田舎の企業でのんびり働いています。
苦手だった英語を使うにあたって、会話で使える簡単な表現を覚える事から勉強をはじめました。その内容をまとめて情報の発信をしています。

また、わんわんのツイッター(@wanwan_english)はフォロワーが20000人を超える人気の英語学習アカウントです。

この記事で紹介する英語学習を習慣化させるまでの道のりは3STEP

STEP1、一歩目を踏み出す方法

STEP2、ルールを決めて勉強を継続する方法

STEP3、疲れているときにはやる気スイッチに頼る

さて、それでは早速見ていきましょう。

STEP1 一歩目を踏み出す

どんなことにも言えるのですが、一歩目を踏み出すというのが一番難しいです。そこで、まずは一歩目を踏み出すための目標と計画の立て方、一歩目を踏み出すための簡単な方法をお伝えします。

目標の立て方

英語学習をはじめるにあたって、はじめから大きな目標や実施困難な計画を立てていませんか?

『よし!やってやるぞ!』と燃えている時は達成可能な目標や計画に見えるかもしれませんが、数日後にはどうでしょうか?数か月後はどうでしょうか?

具体例を出してみましょう。仮に現在のTOEICのスコアが400点だとします。

ぺんぺん
絶対に800点取るぞ!!そのためには仕事終わりに毎日3時間TOEICの勉強をするぞ!

もちろん、ストイックな方はこの目標設定だけで十分。ただ、英語学習の習慣のない人がいきなり毎日3時間の勉強が出来るでしょうか?

僕には仕事終わりに新しい分野の勉強を3時間なんて無理です。

TOEICが400点ということは、今まで本格的に英語の勉強をしていなかったという状況です。英語の勉強なんて苦痛で仕方がないはず。

まずは一歩目を踏み出すための小さな目標と計画の設定がおすすめです。

ぺんぺん
まずは600点かな。そのためには寝る前に必ず毎日1時間勉強しよう。土曜日は午前中はちゃんと勉強しよう。1年くらいかけてゆっくりやろうかな。日曜日はお休みでもいいよね。

このような目標・計画です。

仕事で疲れていても1時間なら勉強が出来るのではないでしょうか?

勉強が習慣となり、苦痛では無くなってきたら、目標と計画を見直せば問題ありません。

ぺんぺん
600点とれたし、次はいよいよ800点かな。勉強にも慣れて来たし、夕食の後に毎日2時間勉強しよう。土曜日は午前中はちゃんと勉強しよう。日曜日はお休みでもいいよね。

計画の中には休みを入れておくのがおすすめです。

例えば、友人からのご飯のお誘いや買い物のお誘いがあったとします。毎日勉強しないといけないからと毎回断らないといけないでしょうか?休息も必要です。

週に1日自由に使っても良い日をつくっておくのはおすすめです。

予定がなければ勉強をしたら良いだけです。

計画の立て方

「英語学習を本気でやるなら『1日8時間』は用意しないといけない。」

「第二言語の習得は甘くない。」

そんな言葉を聞いたことがあると思います。それは事実です。ただ、それは英語を生業にする人の場合です。

ほとんどの人はTOEIC800点、ビジネスでコミュニケーションがとれる最低限のレベル、あるいは日常会話でコミュニケーションがとれる最低限のレベルで十分ではないでしょうか?

僕は自分の目標に応じた計画を立てる事が大切だと思っています。

日常会話であればこちらの記事を参考にしてみてください。

英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

ビジネス英語『初級』であればこちらの記事を参考にしてみてください。

元駐在員が教えるビジネス英語の勉強法とメールの書き方の基本

それぞれに必要な時間や勉強方法を細かく記載しています。

一歩目はSNSがオススメ

一歩目のハードルを自分から高く設定する必要はありません。まずは英語に触れるというところからスタートしてみるのもおすすめです。

まずはツイッターで、わんわん(@wanwan_english)をフォローしてみませんか?

僕は英会話「初心者」に向けたツイートをしています。フォロワーは2万8千人。この天才犬をフォローしてみてください。
わんわん

ツイートを見ているうちに、「ツイートだけじゃ物足りない」となるのが人の心理です。

STEP2 計画に従い、リズムをつくる

一歩目がふみだせたら、後は自分の決めた計画に従っていくだけです。

一度習慣になればあとはリズムにのるだけ。簡単です。ここでは英語学習を習慣化させるための方法についてお伝えします。

この方法は本当におすすめなので、参考にしてみてください。

計画をより明確にする

立てた計画はより明確にしておきましょう。例えば、

「毎日1時間文法の勉強をする」

「毎日25分オンライン英会話をする」

といった学習計画があるとします。これを、

「毎日仕事帰りの喫茶店で1時間文法の勉強をする。土日は文法の勉強はおやすみ。」

「夕食後に片付けをしたらすぐに勉強、オンライン英会話を受ける。終わったら自由時間。」

「お風呂上りに机の上を片付けて、スケジュール帳をながめる。その後に単語帳を開く。」

というような細かなルール(習慣)をつくります。このようにしておくとモチベーションに関係なく、ルールに従うだけで勉強が習慣化されます。

また、場所や時間と特定の学習を結び付けておくことで、勉強をしないと気が済まないようになります。

これを専門用語で「アンカリング:碇を下ろす」と言います。場所・時間と特定の勉強・特定の動作が結びついているため、必ず勉強を継続するようになります。

リズムを崩さない

一度、習慣となった勉強は継続は簡単です。後はリズムを崩さない事に気を付けましょう。

ただ、リズムが崩れるケースというのがいくつかあります。

例えば、新しく恋人が出来たとします。毎日連絡を取り合うようになります。突然電話がかかってくるかもしれません。

(割と真面目な想定です。)

こんな時でも、習慣とルールを守れるかどうかというのが大切です。決めた時間は勉強につかいます。時間が決まっていれば相手に理解を求めることも出来ます。勉強が終わってから連絡を取るようにすれば解決します。

一度崩れたリズムはなかなか元には戻りません。このルールは絶対にしておきましょう。

また先に紹介した通り、週に1日自由に出来る日を設けておけば、プライベートに使える時間も確保出来ます。

ギチギチのスケジュールでは臨機応変に対応が出来ません。

STEP3 やる気スイッチは最終兵器

時にはどーーーしてもやる気にならない日というのがあります。そんな時でもリズムを崩さない事が大切なのです。ここで『最終兵器』としてやる気スイッチを使いましょう。

やる気スイッチの押し方をお伝えします。

原点を思い出す

自分が英語を話せるようになった場面を想像してみてください。どんな未来があるでしょうか?

仕事の幅が広がり、年収があがるかもしれない

交友関係が広がり、新しい出会いがあるかもしれない

海外旅行は、ガイドなんて不要で行きたいところに行ける

人によって目的は様々ですが、原点を思い出すと、ちょっと頑張る事が出来ます。

気分転換にアプリ・動画を利用する

机に座って参考書を読むだけが勉強ではありません。

気分転換に英語学習アプリを試してみたり、英語の動画で勉強をしてみるのもおすすめです。

おすすめの英語学習アプリや動画はこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

楽しく英会話学習が出来るおすすめのアプリ・サイト12選【初心者向け】

英語学習アプリを利用すれば空き時間の30秒での勉強も可能です。アプリで遊んでいると(勉強していると)、勉強のスイッチが入る可能性も。

おわりに

記事を読んで頂き、ありがとうございました。この記事のような英会話初心者に向けた情報発信や記事の更新の告知などをツイッター上で行っています。興味のある方は、わんわん(@wanwan_english)をフォローして確認してみてください。

ぺんぺん
英会話初心者の人にはこっちの記事もおすすめだよ。

英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

-英会話の勉強

© 2020 わんわん英会話 Powered by AFFINGER5