TOEIC

初心者でもできる! TOEIC攻略のコツと時間配分、直前対策【リーディング編】

「TOEICのリーディングセクションが苦手でいつも時間内に終わらない・・・。」

「リーディングセクションを時間内に終わらせるコツとかあるの?」

ただのとり
そう思っている人はいませんか?

この記事ではTOEICで時間内に解くのが難しいリーディングセクションの攻略法と時間配分についてお伝えします。

この記事を書いているトリ ただのとり

こんにちは。ただのとりと言います。

その名の通り、いたって普通の凡鳥ですが、この度、天才犬のわんわんさんのブログで記事を書かせていただくことになりました。

英語は好きですが大の苦手でした。

伝わらなくて馬鹿にされて悔しい思いをしたことも何度もあります。

自分の英語力に落ち込みながらもコツコツと英語を勉強してきてTOEICでは200点から800点台のスコアを取ることが出来ました。

そんな経験から初心者からのTOEICの勉強法について発信していきたいと思います。

TOEICってどんなテスト?

TOEIC Listening &Readingテスト(以下TOEIC)はリスニングとリーディングの2つのセクションから構成されています。

2016年5月から試験内容が一部変更され、現在は新形式と呼ばれています。

※この記事は新形式のTOEICの試験に対応しています。

 

TOEICで高得点を取るために必要なこと3選

TOEICで高得点を取るために必要なことは以下の3点があげられます。

➀英語の基礎力

②TOEIC向けの学習

③本番のテクニック(時間配分など)

➀英語の基礎力

まずは何と言っても英語の基礎力が必要です。

TOEICのリーディングセクションで必要な英語の基礎力は、単語や文法の理解、英語を英語の語順で読む力です。

特にTOEICで頻出の単語を覚えることはスコアアップにダイレクトにつながりますのでTOEIC用の英単語帳などでしっかりと単語を確認しましょう。

また、英語の基礎力を構築することはTOEICのスコアアップだけではなく、実際の会話などでも役立ちます。

野球でもまずは素振りなど地道なトレーニングを積んでから試合に臨みますよね。

腰を据えてしっかりと基礎を取り組むことで、今後あなたの英語力を支えてくれる大きな力になります。

ただのとり
英語の基礎力についてはわんわんさんの記事を参考にしてね!
英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

続きを見る

②TOEIC向けの学習

ある程度の英語の基礎が出来たらTOEICで出題されやすい問題にポイントを絞って学習をしていきましょう。

例えば、TOEICでは品詞問題が非常に多く出題されますが、受験英語ではそこまで品詞問題を問われることはありません。

受験英語を体験した人にとっては品詞が意外と盲点になっている場合があるので品詞問題をしっかりと確認しておきましょう。

またTOEICはマークシート式なので単語を覚える際に細かいスペルを正しく書ける必要はありませんが、発音はしっかりと把握しておかなければなりません。

ただのとり
TOEICにはどのような問題が出題されるかを把握すると効率的に学習することができるよ!

 

③本番のテクニック(時間配分など)

TOEICのリーディングセクションは問題が膨大にあり、時間を少しでも有効に使うことがとても大切です。

また予想外のトラブルがあっても冷静に対応できる力や2時間の試験を乗り切る集中力なども必要になります。

試験が近づいてきたら公式問題集で本番のシミュレーションをしておきましょう。

とくにTOEICでは時間配分が非常に重要なので早いうちから「この問題は1分以内に解く」というように1つ1つの問題の制限時間を決めて解いていくようにしましょう。

 

【TOEICでの理想的な時間配分】

リスニングセクション(約45分間)問題100問
パート1 写真描写問題 問題数:6問 時間:約4分30秒
パート2 応答問題 問題数:25問 時間:約8分
パート3 会話問題 問題数:39問 時間:約18分
パート4 説明文問題 問題数:30問 時間:約15分
リーディングセクション(75分間)問題100問
パート5 短文穴埋め問題 問題数:30問

時間配分目安:10分
1問あたり20秒

パート6 長文穴埋め問題 問題数:16問
時間配分目安:10分
1問あたり約37秒
パート7 1つの文書/複数の文書 問題数:29問/25問

時間配分目安:55分
1問あたり約60秒

リーディングセクションでは文法問題に当たるパート5と6を出来るだけ短時間で解き終えてパート7にどれだけ多くの時間を残せるかです。

パート5と6を解いていて20分を超えたら問題が残っていてもパート7にうつるようにしましょう。

ただのとり
各パートをどのくらいの時間で解けるか時間を測りながら解いていこうね!

TOEIC攻略のコツ➀リーディングセクションを1秒でも速く読むためのテクニック

ここではTOEICリーディングセクションを速く読むためのテクニックを紹介するよ!

固有名詞に惑わされない

Mendoza, Ridgeford, Harper, Zoranski…

これらは何の意味かわかりますか?

TOEICの公式問題集に登場した人や地名、店の名前です。

TOEICでは日本人にとってあまりなじみのない固有名詞が多く登場します。

固有名詞なので覚える必要はありませんが、知らない単語があるだけで読みづらさを感じてしまいます。

なじみのない固有名詞は意識的にわかりやすく変えておきましょう。

ただのとり
このような文があった場合、

Amihan Mendoza

Can you meet me for coffee this afternoon?

Gavino Andrada

Sure, What’s up?

ただのとり
以下のように頭の中で変えるだけでグッと読みやすくなるよ!

女性

Can you meet me for coffee this afternoon?

男性

Sure, What’s up?

 

出題されやすい質問文を把握しておく

TOEICのリーディングセクションはある程度、質問文が決まっています。

あらかじめ出題されやすい質問文を把握しておくことでスムーズに問題に解答することができます。

出題されやすい質問文の例

What is suggest about ~ ~について何がわかりますか?

What is described in ~ ~で何が説明されていますか?

What is indicated about~ ~について何が示されていますか?

What is probably true about~ ~について正しいと思われるのは何ですか?

What is the purpose of ~ ~の目的は何ですか?

ただのとり
質問文を読んだら瞬間的に意味がわかるようにしておくと時間のロスを防げるよ!

TOEIC攻略のコツ②TOEICの世界に入り込む

リスニングセクション編でもお伝えしましたが、TOEICには独特な世界があります。

みんな活動的で仕事にも真剣に取り組み、さぼるような人は存在しません。あらかじめTOEICの世界の特徴を知っておくとリーディングセクションで読む際に理解しやすくなります。

 

ツアーが強行スケジュール

TOEICの住人は旅行や観光が大好きで暇さえあれば旅行に出かけようとします。

アクティブで健康的な人々なので、インドアな私にとってはとてもついていけないと思うようなツアーが当たり前のように組まれています。

(例)
NOTE: It is strongly recommended that you bring hiking shoes or boots for your comfort and protection, as the trails in Cutias Park are rocky and often muddy.

注:Cuitas公園の小道は岩場でぬかるんでいることが多いため履き心地がよく、足を保護するハイキングシューズまたはブーツをご持参することを強くお勧めします。

(TOEICテスト新公式問題集 vol.5別冊『解答・解説』P64より)

【使用される主な語彙】

itinerary(旅程)/local time (現地時間)/on foot(徒歩で)/depart(出発する)

 

お得が大好き

アンケートに答えると10%オフになるクーポン、無料のジュースプレゼントなどお得なキャンペーンがしばしば登場します。

TOEICの人々も「無料」「サービス」「割引」といったお得が好きなんだと思うと親近感を感じますね。

(例)
As our guest, enjoy a complimentary membership for one month.

私どものゲストとして1か月、無料の会員資格をお楽しみください。
(公式TOEIC Listening&Reading 問題集6 別冊『解答・解説』P160より)

【使用される主な語彙】
free of charge(無料)/reduction(割引)/complimentary(無料の)

 

 クレームが理不尽

TOEICの人々は基本的に善人なので悪気はなさそうなのですが、ありえないようなクレームがしばしば登場します。

スーツケースを購入した人が「他の人のスーツケースとよく似ていて、空港で危うく持っていかれそうになったのでカバンの種類を多くしてほしい」とクレームを出したこともありました。

それに対するメーカーの対応は「お客様の声を受けて種類を多くしましたので、魅力のある新色をお送りいたします」と答えており、非常に柔軟な対応に驚かされます。

(例)

My black cases look so similar to everyone else’s that other travelers have almost taken them by mistake! More variety would be nice.

私の黒いスーツケースはほかの人達のものとよく似ているので、他の旅行者が誤ってもっていきそうになりました。もっと種類があると良いのにと思います。

(TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編別冊『解答・解説』P83より)

【使用される主な語彙】
make a complaint(クレームを出す)/feedback(意見、感想)/inquiry (問い合わせ)

 

改修工事をおこないがち

TOEICは1979年に第1回目のテストが実施されました。

もう誕生してから40年以上になる歴史のある試験なんですね。やはり歴史があるとそれだけ老朽化が進んでいるのか、至るところで改修工事が行われています。

The South Street Swim Club will be closed from March 12 to April 19 while we make the improvements you have been asking for : we are adding diving platform, a children’s pool, and more benches around the pool area.

南通り水泳クラブは皆さまからのご要望を頂戴していた改修工事を行う期間の3月12日から4月19日まで休業いたします。

(公式TOEIC Listening&Reading 問題集6 別冊『解答・解説』P60より)

【使用される主な語彙】

renovation(改修)/improvement(改良工事)/operation(作業)/removal (撤去)

私は通勤電車の中でパート7を解いていましたが、問題に慣れてくると解いている時間が良い気分転換になっていました。

毎日忙しく働いている中でTOEICを解いている間はその独特な世界に入り込んだような気分になっていたのです。

あり得ない設定だなと心の中でツッコミをいれたり、旅程の問題では楽しそうなツアーだなと思ったり、TOEICならではの世界を楽しんでいると無理せずに勉強を継続することができます。

ただのとり
一緒にTOEICの世界を楽しんでいこうね!

TOEIC攻略のコツ③よく出題される問題を把握する

 

リーディングセクションで高得点を取るには数秒で解ける問題を確実に解くことが大切です。

TOEICにはしっかりと設問を読む必要がある問題と、選択肢を見れば5秒もかからずに解ける問題が存在します。

時間がかかる問題も数秒で解ける問題も配点は同じなので、数秒で解けるラッキー問題を取りこぼさないようにしましょう。

数秒で解ける問題は主に以下の2つがあります。

➀品詞問題

②コロケーション問題

 

品詞問題

 品詞とは名詞、動詞、形容詞など単語の種類のことでTOEICでは品詞を問う問題が頻繁に出題されます。

名詞を修飾するのは形容詞で、それ以外を修飾するのは副詞になります。

どれが形容詞かわからないという場合は単語の語尾に注目しましょう。たとえその単語をしらなくても語尾をみることでその単語の品詞を判断することが出来ます。

 

主な名詞の語尾

-ance performance(公演)
-ence independence (独立)
-cy agency(代理店)
-sion extension(内線)
-ity capacity(容量)
-ment government(政府)
-ness kindness(親切)
-ship friendship(友情)

主な動詞の語尾

-ate participate(参加する)
-en sharpen(研ぐ)
-ise advertise(宣伝する)
-ize organize(整理する)

主な形容詞の語尾

-able valuable(貴重な)
-al logical(論理的な)
-ant important(重要な)
-ent independent(独立した)
-ful beautiful(美しい)
-ive active(活動的な)
-ous dangerous(危険な)

主な副詞の語尾

-ly happily(幸せに)
ただのとり
単語についてはこの記事もオススメ!
【大人の暗記術】語源×イメージで英単語がスッと頭に入る。

続きを見る

 

コロケーションを攻略する

TOEICで頻出のコロケーションを覚えることも早く問題を解く近道になります。

コロケーションとはよく使われる英単語の組み合わせのことを言います。

例えばquestionだったら、ask a question、answer a question

have a questionなどと言いますが、make a questionというと不自然になります。

日本語でも文法的に合っていてもなんか変だな・・という表現はありますよね。

grab a coffeeは「コーヒーを買う」と言いますが、日本語でコーヒーを掴むとは言いませんよね。

このように言葉には相性のいい単語と相性の悪い単語があります。

例えば以下に入る言葉はなんでしょうか。

She made a (   ) impression on us.
(A) favor

(B) favorite

(C) favors

(D) favorable

impression は名詞なので、名詞を修飾する形容詞が必要になります。形容詞は(D) favorableと(B) favoriteの2つありますが、どちらの方がimpressionと相性がいいでしょうか。

正解は(D)favorable 「好ましい」になります。

make a favorable impressionで「好印象を与える」という意味があり、「彼女は私たちに好印象を与えた」という訳になります。

このように単語のコロケーションを知っていると数秒で解ける問題がTOEICにはたびたび出題されます。

ただのとり
TOEICで頻出のコロケーションを覚えておくと反射的に問題を解くことが出来るので時間の節約になるよ!

TOEICで頻出のコロケーションの一例

make a profit(利益を得る)

a mistake(ミスをする)

an arrangement(準備をする)

go bankrupt(倒産する)

sightseeing(観光に行く)

on vacation(休暇に出かける)

pay a fine(罰金を払う)

attention(注意をする)

cash(現金で払う)

break a leg(頑張る/脚を折る)

a record(記録を破る)

the ice(緊張をほぐす)

catch a cold(風邪をひく)

one’s breath(一息つく)

a bus(バスに間に合う)

do one’s duty(自分の仕事をする)

an experiment(~の実験をする)

one’s best(ベストを尽くす)

 

知らないと損!パートごとのスコアアップテクニック!リーディングセクション編

TOEICでは毎回似たようなシチュエーションの問題が出題されます。

ある程度パターンが決まっているので、そのパターンを知ることで短期間でもスコアアップが可能になります。それぞれのパートの特徴と攻略法をお伝えします。

パート5の特徴

パート5は4つの選択肢の中から最も適切なものを選び、不完全な文を完成させる問題で文法の知識・語彙力が必要になります。

短期間でスコアアップが可能なパートなので、試験まで時間がない・・という人はパート5だけでもしっかり対策することをオススメします。

パート5の攻略法

まず選択肢をチェックする

パート5は文法的に正しくなるものを選ぶ文法問題と文の意味が正しくなるものを選ぶ語彙問題の2つのパターンがあります。

文法問題は空所の前後を見ただけで解答できる場合が多いので、最初に選択肢に目を通して文法問題なのか語彙問題なのかを見分けてから設問を読むことで効率的に問題を解くことができます。

例えば以下のような問題があったとします。

Thanks to its warm climate, this area is (    ) for farming.

(A)ideal

(B) idea

(C) ideally

(D) idealistic

最初に選択肢に目を通します。

(A)ideal 、(B) idea 、(C) ideally 、(D) idealisticと似たようなスペルが並んでいるのでこれは品詞問題になります。

空所の前後をみると 空所の前に is があり、後ろに forの前置詞があるので空欄に入るのは形容詞か名詞になります。

形容詞は(A)のideal、(D)のidealistic、名詞は(B)のideaなので(A)(B)(D)の3択になります。
その後、意味を確認します。

Thanks to its warm climate, this area is (    ) for farming

暖かい気候のおかげで、このエリアは農業に( )だ。

(A)のideal(理想的な)、(B)のidea(考え)、 (D)のidealistic(理想主義者の)の中で意味が通る(A)のideal(理想的な)を選びます。

問題を解くときは、以下のような流れになります。

➀選択肢をみて問題の傾向を確認

②空所の前後をチェック

③それでもわからない場合は全体を読む

このような順序で解いていくことで無駄な時間を減らすことが出来ます。

社名や人名は細かく読まない

例えば、以下のような文章があったとします。その際、人名や社名は細かく読みません。

Confident that Mr. Takashi Ota was much more qualified than other candidates, Argnome Corporation hired him as the new vice president.
(Takashi Ota さんがほかの候補者よりもはるかに適任だと確信して、Argnome社は彼を新しい副社長として採用しました)

 Mr. Takashi Ota ➡ the man (男)
Argnome Corporation➡ the company(会社)

などに意識的に頭の中で置き換えて読むようにしましょう。

パート6の特徴

パート6はEメールなどの文書を用いた穴埋め問題で4つの選択肢の中からもっとも適切なものを選びます。語彙と文法、文脈理解が試されます。

実際のテストでは16問出題されます。

パート6の攻略法

問題文の文頭から読んでいく

パート5は設問から読みますが、パート6は問題文の冒頭から読んでいきます。
チェックするのは以下の部分です。

➀冒頭部分

相手の名前、宛先、件名、差出人、日付などが書かれていることが多いです。

②本文

文書の詳細について書かれているので、冒頭から丁寧に読むようにしていきましょう。

③最後の部分

手紙やメールの場合は最後に「Sincerely(敬具)」などの結びの言葉や差出人、所属する会社名などが書かれています。

パート7の特徴

パート7は色々な形式の1つもしくは複数の文書に関する問題が出題されます。

実際のテストでは1つの文書に関する問題が29問、複数の文書に関する問題が25問出題されます。問題数が多いので素早く解いていくことが重要になります。

パート7の攻略法

問題の形式は、メール、広告、記事、求人広告、パンフレット、オンラインチャット、用紙などがあります。

パート6と7では冒頭に、
「Questions 153-155 refer to the following article」 といった説明があります。following以降の部分が‘advertisement’ や ‘e-mail’といったように内容によって変わるので、following以降の部分を確認することでこれから読む文章が何かを把握することができます。

例えば以下のようなことが出題されます。

設問の種類 注目すべき部分 使用される主な語彙の一例
form

用紙

記入すべき情報を確認 promotion(販売促進)
reimburse(~を賠償する)
text message chain

オンラインチャット

参加している人数を確認 retire(退職する)
notice(通知)
memorandum(社内通達)
article

記事

段落ごとに内容を要約しておく replacement(後任者)
as of (~付けで)
※As of May 1, (5月1日付けで)
advertisement

広告

何が宣伝されているか
連絡先はどこか
Place an order (注文する)
feature(~を目玉とする)
brochure

パンフレット

場所、料金、予約方法などに注目 hours(営業時間)

facility(施設)

email

メール

冒頭に要件、締めには次のアクションについて書かれていることが多い Reminder (リマインダー、お知らせ)
luncheon(昼食会)Human Resources Division 人事部
ただのとり
広告とメールの複数の文書の設問であれば、広告を読んだ人が苦情や注文のメールを出していることが多いよ!

 リーディングセクションで時間が足りなくなる場合の対処法

リーディングセクションはとにかく問題数が膨大なので、たとえ時間配分を意識しても時間が足りなくなることがあります。

そのような場合は以下のことを行っていないかチェックしてみましょう。

①英語を読むときに後戻りしてしまう

②内容を忘れてしまい同じ箇所を繰り返し読んでしまう

③わからない単語があると考えてしまってスムーズに読めなくなる

ただのとり
もし上記のようなことを行っていたら時間ロスになっているよ!速く読むための対策をお伝えするね。

【原因➀】英語を読むときに後戻りしてしまう

【対策】スラッシュリーディングをしていく

英語を読むときにきれいな日本語に訳しているとスムーズに読むことが出来ず、時間をロスしてしまいます。

英語を速く読むためには英語の語順のまま読んでいくことが大切です。スラッシュリーディングで上から語順通りに読んでいきましょう。スラッシュリーディングとは意味のかたまりごとにスラッシュで区切りながら意味を取っていく読み方です。

例えばこのような文章があったとします。

March 5- The Lesaux Vally Department of Transportation (LVDOT) has announced that the Harper Bridge rehabilitation project will begin on March 12.
TOEICテスト新公式問題集vol.5 p146より抜粋

これをかたまりごとに/(スラッシュ)で区切って上から順に読んでいきます。

March 5/The Lesaux Vally Department of Transportation (LVDOT) has announced/

3月5日/The Lesaux Vally Department 運輸局(LVDOT) はアナウンスした/

that the Harper Bridge rehabilitation project will begin /on March 12. //

the Harper 橋の修復工事が始まることを/3月12日から。//

上からかたまりごとに順に読んでいくことで返り読みを防ぐことが出来て速く読むことが出来ます。

 

【原因②】内容を忘れてしまい、同じ箇所を繰り返し読んでしまう

【対策】覚えやすい文章に変えて映像をイメージしておく

Part7でよくあるのが、読んでいるうちに設問の内容を忘れてしまうことです。

設問忘れを防ぐために設問を読んだら覚えやすい文章に変えておきましょう。「何が書いてあるんだったっけ?」といった設問をもう1度読んでしまうような時間のロスを防ぐことが出来ます。

例えば、

Where would the article most likely appear?(この記事はどこに掲載されると考えられますか?)

といった設問は

➡「記事の掲載場所は?」

というようにあなたが覚えやすい形に変えておきましょう。その際に映像をイメージしておくとより覚えやすくなります。

【原因③】わからない単語があると考えてしまってスムーズに読めなくなる

【対策】わからない単語は前後の文脈から意味を推測する

わからない単語があると読めなくなってしまうという場合がありますが、たとえその単語を知らなくても推測で読み進めることができます。

例えば、

I’m glad you all brought your binoculars because it’s migration season, so we’re likely to see lots of interesting birds along the way.

という文章で、binocularsとmigrationの意味がわからなかったとします。

これをわからない部分は飛ばしてスラッシュリーディングで訳していきます。

I’m glad/ you all brought your ○○/

because it’s ×× season, / so we’re likely to see lots of interesting birds /along the way.

 

私は嬉しいです/皆さん全員が○○を持ってきたことが/

なぜなら××のシーズンだからです/なので私たちはたくさんの興味深い鳥を見る可能性が高いです/道中で。

○○➡鳥を見るための道具

××➡鳥がたくさん見られるシーズン

だと推測されます。

binocularsは双眼鏡で、migrationは鳥の移動を意味します。

しかし、たとえ意味がわからなかったとしても前後の文脈で意味が推測できたのではないでしょうか。

ただのとり
わからない単語が出てきたとして気にせず読み飛ばして大まかな意味を掴んでいこうね!

 

TOEICおすすめの参考書


TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 TEX加藤(著)

1019問という膨大な量の問題を解くことであらゆるパターンの文法問題を解くことが出来ます。

特にこの本ではTOEICのリーディングセクションで頻出の品詞問題が数多く掲載されています。

著者のTEX加藤氏がおっしゃっているように『品詞問題を制するものがPart5を制す!』です。

少なくとも品詞問題を完璧に解けるようにしておきましょう。


1駅1題新TOEIC TEST 文法特急 花田徹也(著)

1問1答形式でサイズもコンパクトなので通勤時間の電車の中でもさっと問題にチャレンジが出来ます。さらに解き方の解説も非常にわかりやすく、解答目標タイムが掲載されているので時間を稼ぎたいパート5とパート6の対策に非常に有効です。

世界一わかりやすいTOEICテストの英文法 関正生(著)

文法問題が苦手な場合は基礎をしっかりと理解できるようにしましょう。

関正生氏著の「世界一わかりやすいTOEICテストの英文法」は解説が非常に丁寧なので英文法が苦手な人にもスッと頭に入りやすい内容になっています。

またパート5だけではなくリスニングセクションでよく使われる文法形式まで網羅されているので、これ一冊でTOEICで出題される総合的な文法知識を得ることが出来ます。

ただのとり
本屋さんで手に取ってみてどれがあなたに合うか確認してみてね!

【直前対策】試験1週間前

TOEIC試験の直前は新しい参考書などに手を出さずに、今まで学んできたことの復習と実際の試験のシミュレーションをするようにしましょう。
具体的には以下の点があげられます。

☑常に時間を測りながら問題を解いていく

☑マークシートを使って本番の形式に慣れておく

☑覚えきれていない単語の確認をしておく

☑体調管理してコンディションを整える

ただのとり
心身ともに万全の状態で試験に挑もう!

知らないと損!テスト本番のスコアアップのテクニック!~リーディングセクション編~

ただのとり
いよいよ試験本番だよ!今までの力を最大限発揮するためのテクニックをお伝えするよ!

解かない問題をあらかじめ決めておく

TOEICは数秒で解けるような簡単な問題から難問まであらゆる難易度の問題が出題されていますが、難易度順には並んでいません。

最後まで問題に目を通し、解かない問題をあらかじめ決めておくことでわかる問題を確実に得点にすることができます。

例えばNOT問題は適切ではない選択肢を選ぶ問題になるので、文章全体に目を通さないと解くのは難しく、通常の問題よりも時間がかかってしまいます。

そのようなNOT問題は飛ばしておいて時間が余ったら解くようにする、などあらかじめ決めておくことで解ける問題を確実に解けるようになります。

ただのとり
TOEICでは潔さがとても重要だよ!すべての問題に目を通してわかる問題を確実に解いていこうね!

わからない問題に塗るマークは同じ記号にする

わからない問題であっても必ずマークシートは塗ってください。

その際、A、C、Bと色々な記号に塗るよりもどれか1つの記号に決めてマークしたほうが正解しやすいです。

これは毎回TOEICの正解比率をチェックしているというTOEIC満点教師としても有名なTEX加藤氏が言っていたものです。

「時間が無くなったらCにマークすると一番スコアが高く出る」というのは都市伝説です。4択の正解比率はほぼ均等ですから、もし解答時間が足りなくなったら、どれか1つの記号に決めて全部同じものにマークしましょう。

『TOEICテスト Part5 できる人、できない人の頭の中』P201より抜粋 TEX加藤(著)

英語力とは関係がないテクニックですが、せっかく頑張ったのなら少しでも高い得点を取りたいですよね。1点でも多くとれるようにできることは行うようにしましょう。

全問解くことを意識しすぎない

全問解き終わることは重要ですが、そればかりに意識が向いてしまうと焦って正常な判断が出来なくなってしまいます。

「全部解かないと!」と焦って問題をよく読まずに解答するよりも取れる問題を確実に取ることの方が大切です。

 

自分なりのルールをあらかじめ決めておく

TOEICはとにかく時間との勝負になります。

1秒を無駄にしないために自分なりのルールをあらかじめ決めておきましょう。

【TOEIC本番での自分のルールの例】

➀正解がわからない時はすべてBを塗りつぶす

②パート5と6が20分を超えたら問題が残っていてもパート7にうつる

③NOT問題は飛ばして時間が余ったら解く

④マークシートに記号を塗ったらすぐに切り替える

⑤1つの問題に2分以上時間をかけない

TOEICを解いていると「あれで良かったのかな」と以前の問題を引きずってしまうことがありますが、その迷っている時間すら惜しいのです。

すぐに切り替えて今解いている問題に集中するようにしましょう。

ただのとり
一緒にTOEICの勉強頑張っていこう!

おわりに

最後になりますが、記事を読んでいただきありがとうございました。
今回はTOEICの勉強法(リーディングセクション編)を書かせていただきました。この記事が少しでもあなたのTOEICのスコアアップのお役に立てたら嬉しいです。

ただのとり
TOEICの勉強法(リスニングセクション編)も良かったら見てみてね!
初心者でもできる!TOEIC攻略のコツとテクニック、直前対策【リスニング編】

続きを見る

TOEICの学習方法についてはこちらにもまとめてあります。

英語初心者が独学でTOEICのスコアを200点から800点に上げた勉強法

続きを見る

 

ただのとり
今日読んで頂いた記事の内容は下記の通りです。

覚えきれないという人はこの記事をお気に入りに登録しておきましょう。

記事の更新の告知などをツイッター上で行っています。
興味がある方はただのとり(@Nakana82719612)をフォローして確認してみてください。

初心者向けの英語学習の情報発信はわんわんさんのツイッター(@wanwan_english)がオススメです。

-TOEIC

© 2020 わんわん英会話 Powered by AFFINGER5