大人の暗記術

【大人の暗記術】イメージで出来る英語の前置詞の覚え方と使い分け

☑前置詞がいまいち理解出来ない。

☑前置詞のわかりやすい使い分けの方法を探している。

☑前置詞をイメージで覚えてしまいたい。

そんな人におすすめの情報をまとめています。

どの前置詞を使えば良いのかわからなかったり、前置詞の持つ意味を全部覚えきれなかったりしませんか?

この記事では、中学生で習う基本的な前置詞をわかりやすいイメージと一緒に覚えることが出来ます。

ぺんぺん
1つの前置詞にいくつも意味があるんだから、イメージなんて覚えても結局同じじゃないの?
いくつかの意味の根底には1つのイメージがあるよ。1つの前置詞に対して1つのイメージを覚えるだけでok。
わんわん

こんにちは、わんわんです。

僕はもともと英語が苦手で、外国人に簡単な道案内をすることも出来ないレベルでした。しかしそこからコツコツ勉強をし、英語を使って仕事が出来る英語レベルになりました。

僕が英語の勉強をはじめたのは20代後半。英語が苦手な人の気持ちを誰よりも理解出来ます。この記事では少しでも英語に苦手意識を持たないですむように、前置詞についてどこよりもわかりやすく解説しています。

※2021/5/21 英単語のイメージを解説する著書「わんわんの芋づる式図解英単語」を出版しました。この記事の内容は現在多くの方が参考にしています。

 

💡前置詞のイメージの一覧

英語の前置詞はイメージと一緒に覚える事で、1つの意味だけではなくいろいろな使い方をまとめて覚えることが可能です。またそれぞれの前置詞のイメージを持っておけば使い分けも簡単です。

ぺんぺん
ふむふむ。理解しやすくなるね。
前置詞の持つイメージさえしっかりつかんでおけば、単語の意味の広がりを理解する事が出来るよ。細かくみていこう。
わんわん

 

【イメージで出来る】場所関係の前置詞の覚え方と使い分け

まずは、In、On、At、Off、Byの5つの前置詞の位置関係をイメージで見ていきます。

各前置詞は「イメージ」「使い方」「例文」の3つの視点から確認が出来ます。

「イメージ」は出来る限り覚えやすく、わかりやすいものを用意してありますので参考にしてみてください。それぞれをイメージでとらえておくと使い分けも出来て便利です。

また実際の単語を使った「例文」を読む事で「イメージ」を定着させることが可能です。例文は現役の英語の先生であるアルパカ先生(@Englishagainsp)に作成協力頂きました。

実際に使われているイメージしやすい場面の例文を載せています。

早速前置詞のイメージと使い方を見ていきましょう。
わんわん

前置詞「At」のイメージと使い方

Atは上の図解のように「点」とイメージしておくといろいろな意味を持つatの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶At 9:00 a.m.
朝9時に

❷At the station
駅で

❸At first
初めは

❹At last
最後に
やっと

❺At most
多くても

❻At least
少なくとも

❼Good at
が得意である

❽At a low price
低価格で

❾At the same level
同程度で

➓At the same time
同時に

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶Let’s meet at the station at 9:00.
9時に駅で会おう。

❷I and my girlfriend arrived there at the same time.
私と彼女はそこに同時に到着した。

❸I couldn’t believe it at first.
私ははじめそれを信じられなかった。

❹We are good at shopping.
私たちは買い物上手です。

❺It could be at least 50,000yen.
それは少なくとも5万円する。

❻We found nice smartphones sold at a low price.
私たちは安値で売られている素敵なスマホを見つけた。

 

助動詞もイメージでわかりやすくまとめてありますので合わせて読んでみてください。
わんわん
【大人の暗記術】イメージで出来る英語の助動詞の覚え方と使い分け

続きを見る

 

前置詞「On」のイメージと使い方

Onは上の図解のように「接触」とイメージしておくといろいろな意味を持つonの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶On Sunday
日曜日に

❷On the table
机の上に

❸Go on
し続ける

❹Get on
(バスなど)乗る

❺Rely on
を頼りにする

❻Depend on
~次第である

❼On schedule
予定通りに

❽On business
仕事が目的で

❾On the same page
同じ考えをもっている

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶I’m free on Sunday.
日曜は暇です。

❷I prepared for everything on the table.
私はテーブルの上に全て用意しました。

❸Everything was supposed to go on schedule.
全ては計画通りに行くはずでした。

❹I decided not to rely on my father any more.
私は父にもう頼らないと決めました。

❺I kept going on my plan.
私は計画を続けました。

❻Success or failure, it depends on you.
成功か失敗か、あなた次第です。

 

前置詞「In」のイメージと使い方

Inは上の図解のように「中」とイメージしておくといろいろな意味を持つinの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶In an hour
1時間後

❷In June
6月

❸In the winter
冬に

❹In the morning
朝に

❺In the station
駅の中

❻Cut in
割り込む

❼Step in
に踏み入れる/参加する

❽Come in
中に入る

❾Break in
侵入する

➓In the red
赤字で

⓫in trouble
困難な状況で

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶Trains should come in an hour.
電車は1時間以内に来るはず。

❷I was waiting for them in the early morning.
私は早朝に電車を待っていた。

❸People formed a line to get tickets in the station.
駅の中では人々が切符を買うために列を作っていた。

❹A young guy suddenly cut in the line.
突然若い男が列に割り込んできた。

❺He needed to catch trains because his friend was in trouble.
彼は友人がトラブルに巻き込まれていたので、電車に乗る必要があった。

❻In the winter, trains often delays.
冬では、電車はしばしば遅れるものです。

 

breakやcomeなどの基本動詞のイメージもまとめてありますので、あわせて読んでみてください。
わんわん
【大人の暗記術】基本動詞×イメージで英語表現が広がる

続きを見る

 

前置詞「Off」のイメージと使い方

Offは上の図解のように「離れる」とイメージしておくといろいろな意味を持つoffの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶Day off
休日

❷Get off
降りる

❸Put off
延期する

❹Turn off
消す

❺Give off
離れる➜発する

❻Call off
中止する

❼Come off
はがれる

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶My boss gave me two days off.
私の上司は二日の休暇をくれた。

❷Don’t put off what you can do now.
今できることを延期するな。

❸I got off the train and dropped by a bookstore.
私は電車を降りて本屋によった。

❹Don‘t forget to turn off the light.
電気を消すのを忘れないで。

❺This factory gives off a terrible smell.
この工場はひどい匂いを出している。

❻An umpire called off the game because of rain.
審判は雨のために試合を中止させた。

 

前置詞「By」のイメージと使い方

Byは上の図解のように「近接」とイメージしておくといろいろな意味を持つbyの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶by tomorrow
明日までに

❷by the window
窓の近く

❸by hand
手で

❹by bus
バスで

❺by way of
~経由で

❻by the way
ところで

❼by all means
ぜひ

❽Little by little
少しずつ

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶Stand by me.
私のそばに立って。➡私の味方をして

❷He bought a house by the lake.
彼は湖畔の家を買った。

❸I have to finish my task by next Friday.
次の金曜までに仕事を終える必要がある。

❹I’m getting better little by little.
少しずつ良くなってきてるよ。

❺He went to Europe by way of America.
彼はアメリカ経由でヨーロッパに行った。

💡By(~までに)とUntil(~までに)で迷ったことはありませんか?

byは単純に~まで、Untilは~までずっとという意味です。

by 5 p.m. 5時まで(締め切る時間)

until 5 p.m. 5時までずっと(継続している時間)

 

【イメージで出来る】上と下を表す前置詞の覚え方と使い分け

次に、Over、Under、Above、Below、Beyondといった上と下に関連する前置詞を見ていきます。それぞれの位置関係をイメージでとらえておくと使い分けが出来て便利です。

💡上と下を表す前置詞のイメージ

ぺんぺん
さっそく見ていこう!

 

前置詞「Over」のイメージと使い方

Overは上の図解のように「こえる」とイメージしておくといろいろな意味を持つoverの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶Over the weekend
週末にかけて

❷go over the bridge
橋を渡る

❸Overspeed
スピードオーバー

❹Get over
乗り超える

❺Look over
ざっと目を通す

❻Turn over
回転する

❼Take over
引き継ぐ

❽Give over to
に任せる

❾Over the hill
峠を越えた

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶He goes home over the bridge.
彼は橋を渡って家に帰る。

❷A typhoon passed through my town over the weekend.
台風が週末私の街を通過する。

❸International students must get over many difficulties.
留学生は多くの困難を乗り越えなければならない。

❹I give the task over to you.
この仕事君に任せるよ。

❺I am good at turning pancakes over.
私はパンケーキをひっくり返すのがうまい。

❻My boss looked over several documents in a few seconds.
私のボスはいくつかの書類を数秒で目を通す。

 

前置詞「Under」のイメージと使い方

Underは上の図解のように「~の下」とイメージしておくといろいろな意味を持つunderの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶Under water
水中の

❷Under 20
年齢が20より下の

❸Under $100
100ドルより下の

❹Under stress
ストレスを受けて

❺Under control
コントロールされて

❻Under the table
袖の下

❼Under construction
工事中

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶Ariel lives under water.
アリエルは水の中に住んでいる。

❷Japanese law prohibits people under 20 from drinking.
日本の法律は20歳未満の人の飲酒を禁止している。

❸I am exhausted under the stress of overwork.
働きすぎのストレスでヘトヘトです。

❹My friend got money under the table.
私の友人は不正にお金をもらった。

❺This blog is managed under Wanwan’s control
このブログはわんわんの管理下で運営されています。

❻I bought a new house, but it is still under construction.
私は家を買ったけどまだ工事中です。

 

前置詞「Above」と「Below」のイメージと使い方

Aboveとbelowは上の図解のように「基準となる線の上と下」とイメージしておくといろいろな意味を持つbyの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

線の上
❶As mentioned above
上記のように

❷Above average
平均を上回る

❸Above budget
予算を上回って

❹Above sea level
海面上の

線の下
❶As mentioned below
下記の通り

❷Below average
平均以下の

❸Below budget
予算を下回って

❹Below sea level
海面下の

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

Above

❶Please follow the instruction as mentioned above.
上記の指示に従って下さい。

❷The project costs too much. It is above budget.
その計画はお金がかかりすぎた。予算をはるかに超えている。

❸Mt. Fuji is 3776 meters above sea level.
富士山は標高3776メートルです。

Below

❶Please follow the manual as mentioned below.
下記のマニュアルに従ってください。

❷His score is below average.
彼の点数は平均以下です。

❸Many creatures live below sea level.
多くの生き物が海の下に生きている。

 

前置詞「Beyond」のイメージと使い方

Beyondは上の図解のように「はるかにこえる」とイメージしておくといろいろな意味を持つbyの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶Beyond belief
信じがたいほどの

❷Go far beyond
をはるかに超える

❸Beyond our control
コントロール出来ない

❹Beyond the scope of
の範囲を超えて

❺Beyond my understanding
理解を超えている

❻Beyond the time
メビウスの宇宙を超えて

ぺんぺん
❻は違うような・・・。

❶She is beautiful beyond belief.
彼女は信じられないほど美しい

❷You can go far beyond your expectations by making small efforts.
小さな努力を積み上げれば、予想よりはるかに遠くに行ける

❸My two-year-old son is beyond our control.
2歳の息子は手に負えない

❹ It's beyond the scope of my work.
それは私の仕事の範囲外です

❺ Listening to the Aomori accent is beyond my understanding.
青森弁は私には理解できない

❻ That house is so expensive, it's beyond my reach.
あの家は高すぎる、手が届かないよ

 

【イメージで出来る】道関係の前置詞の覚え方と使い分け

次にAcross、Through、Alongの道に関連する前置詞を紹介します。

これら3つの前置詞はセットで覚えておくと便利です。それぞれの関係をイメージでとらえておくと使い分けが出来て便利です。

ぺんぺん
どんどん見ていこう!

前置詞「Across」のイメージと使い方

Acrossは上の図解のように「横切る」とイメージしておくといろいろな意味を持つacrossの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶go across the bridge
橋を渡る

❷across the country
国中に

❸Go across
を横断する

❹Come across
心をよぎる

❺Run across
に偶然会う(そのまま通り過ぎる)

❻Put across
~をうまく伝える

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶I go to school across the bridge.
私は橋を渡って学校に行きます。

❷His name is known across the country.
彼の名前は国中に知られている。

❸A duck family goes across the street.
アヒルの家族が通りを横切った。

❹His smile came across my mind.
彼の笑顔が頭によぎる。

❺I ran across my aunt on the street.
私は通りで叔母さんに会った。

❻I am bad at putting my idea across.
私は考えを伝えるのが下手です。

 

前置詞「Along」のイメージと使い方

Alongは上の図解のように「沿う」とイメージしておくといろいろな意味を持つalongの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶Along the street
道なりに

❷Something along those lines
大筋はそんなところで

❸Come along
一緒に来る

❹Bring along
連れていく
持っていく

❺Along with
と一緒に

❻Get along with
と仲良くする

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶My sister came along with me.
私の妹が一緒に来た。

❷Let’s advance the project along those lines.
その線で計画を進めよう。

❸Beautiful cherry blossoms are planted along the street.
綺麗な桜の木が通り沿いに埋められている。

❹I brought along my sister.
私は妹を連れて行った。

❺My grand mother sent me a letter along with some snacks.
おばあちゃんがお菓子と一緒に手紙を送ってくれた。

❻He gets along with his wife.
彼は奥さんと仲がいい。

 

前置詞「Through」のイメージと使い方

Throughは上の図解のように「はるかにこえる」とイメージしておくといろいろな意味を持つthroughの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶through the door
通る(場所)

❷through the night
終わりまでずっと(時間)

❸through my friend
を通して(方法)

❹Run through
走り抜ける

❺Put through
電話をつなぐ

❻Look through
に目を通す

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶A little puppy came through the door.
小さな子犬がドアを通って来た。

❷I and my friends enjoyed my birthday party through the night.
私と友人は誕生日パーティーを夜通し楽しんだ。

❸I heard my teacher’s wedding through my friends.
私は恩師の結婚を友人を通して聞いた。

❹A ghost ran through the wall.
お化けが壁を通り(走り)抜けて来た。

❺Could you put me through Mr. Nakamura?
中村さんに電話をつないで頂けますか?

❻My professor looked through a thick book.
私の教授は分厚い本に目を通した。

 

【イメージで出来る】関連を表す前置詞の覚え方と使い分け

次に関連を表す前置詞のWith、About、Ofを見ていきましょう。それぞれをイメージでとらえておくと使い分けが出来て便利です。

ぺんぺん
どんどん見ていこう!

前置詞「With」のイメージと使い方

Withは上の図解のように「ともに」とイメージしておくといろいろな意味を持つwithの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶Fight with my friend
友達と喧嘩する

❷cut with a knife
ナイフで切る

❸shiver with cold
寒さで震える

❹What’s wrong with you?
どうかしたの?

❺Get along with
と仲良くする

❻Come up with
思いつく

❼With happiness
幸せそうに

❽with his arms crossed
腕を組んで(状況)

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶I cut apples with a knife.
ナイフでりんごを切る。

❷I often fought with my friend in my childhood.
子供の頃よく友達と喧嘩した。

❸My dog often shivers with cold in winter.
うちの犬は冬場よく寒さで震えている。

❹You look so pale. What’s wrong with you.
顔色悪いよ。どうかしたの?

❺My father gets along with my mother.
私の父は仲良くやっている。

❻My boss is waiting for me with his arm crossed.
私のボスが腕を組んで待っている。

 

前置詞「Of」のイメージと使い方

Ofは上の図解のように「所属や部分」とイメージしておくといろいろな意味を持つofの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶One of my friends
友達の1人

❷A cup of coffee
一杯のコーヒー

❸Afraid of him
彼を恐れている

❹made of wood
木ででつくられた

❺the bottom of the cup
☕の底

❻Penguin of courage
勇敢なペンギン

❼Beginning of a film
映画の冒頭

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶One of my friends lives in France.
友だちの1人がフランスに住んでいます

❷Would you like a cup of coffee?
コーヒーはいかがですか?

❸I am afraid of him.
私は彼が怖い

❹This table is made of wood.
このテーブルは木製だ

❺I see tea leaves at the bottom of the cup.
カップの底に茶葉が見える

❻I missed the beginning of the film.
映画の初めの方を見逃した

 

前置詞「About」のイメージと使い方

Aboutは上の図解のように「もくもく」とイメージしておくといろいろな意味を持つaboutの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶How about you?
あなたはどう?

❷About 3p.m.
3時ぐらい

❸Be about to
するところ

❹About 10USD
10USDくらい

❺Talk about
について話す

❻Worry about
について心配している

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶「How are you?」
元気?
「Not bad. How about you?」
悪くないよ、そっちは?

❷「What time is it?」
今何時?
「It is about 3 P.M.」
3時ぐらい。

❸「How much is it?」
いくら?
「It is about 10 USD.」
10ドルくらい。

❹「Let’s talk about discount.」
値引きについて話をしよう。
「Don’t worry about it.」
気にすることはないよ。

 

【イメージで出来る】方向を表す前置詞の覚え方と使い分け

最後に、方向を表す前置詞のFrom、To、Against、Forを見ていきましょう。それぞれの関係をイメージでとらえておくと使い分けが出来て便利です。

さて、見ていきましょう。
わんわん

前置詞「To」のイメージと使い方

Toは上の図解のように「到達点」とイメージしておくといろいろな意味を持つtoの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶Go to the station
駅に行く

❷Talk to him
彼と話す

❸Listen to music
音楽を聴く

❹Give it to you
あなたにあげる

❺Send it to you
あなたに送る

❻from here to there
ここからそこまで

❼From 1 to 9
1から9まで

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶My father needs to talk to his wife.
私の父は母と話す必要がある。

❷I went to the station to see famous trains.
私は有名な電車を見るために駅に行った。

❸Listen to the song. This is the latest CD.
この曲を聴いて。これが最新作だよ。

❹I gave an old toy to my brother.
私は古いおもちゃを弟にあげた。

❺He sent a letter to his grandmother.
彼はおばあちゃんに手紙を送った。

❻She bought all clothes from here to there.
彼女はここからそこまで全ての服を買った。

 

前置詞「From」のイメージと使い方

Fromは上の図解のように「起点」とイメージしておくといろいろな意味を持つfromの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶From Tokyo
東京から

❷Suffer from
に苦しむ

❸Prevent A from B
AがBするのを防ぐ

❹Different from
と違う

❺From my point of view
私の視点から

❻From 1 to 9
1から9

❼From here to there
ここからそこ

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶He suffers from stomachache.
彼は腹痛に苦しんでいる。

❷Our English teacher came from London.
私たちの英語の先生はロンドンから来た。

❸A lot of homework prevent me from going to the game.
沢山の宿題が試合に行く事を邪魔する。

❹Cauliflowers are different from broccolis.
カリフラワーはブロッコリーとは異なる。

❺Let me advise from my point of view.
私の観点からアドバイスさせてください。

❻A challenger is chosen from among these players.
チャレンジャーはこれらの選手から選ばれる。

 

前置詞「For」のイメージと使い方

 

Forは上の図解のように「方向」とイメージしておくといろいろな意味を持つforの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶求める/目的
Ask for help
助けを求める
Go for a coffee
コーヒーを飲みに行く
What are you looking for?
何をお探しですか?

❷~のための/~のために
Present for Wannie
わん子のためのプレゼント
What can I do for you?
ご用件はなんですか?

❸方向
This train is bound for Tokyo
この電車は東京行きです

❹賛成
Are you for or against?
賛成?反対?

❺範囲・時間
I have studied English for two years.
私は2年間英語を勉強している
He looks so young for his age
彼の年齢にしては彼はとても若く見える

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶I need to buy a present for my daughter.
私は娘にプレゼントを買わなきゃならない。

❷I am looking for proper toys for her.
私は彼女のための適当なおもちゃを探している。

❸She wants to get a ticket for the concert.
彼女はそのコンサートのチケットが欲しい。

❹My father voted for him.
私の父は彼に賛成票を投じた。

❺He has practiced baseball for three hours.
彼は3時間野球の練習をした。

❻It is difficult for me to speak English.
私にとって英語を話すのは難しい。

 

前置詞「Against」のイメージと使い方

Againstは上の図解のように「逆向き」とイメージしておくといろいろな意味を持つagainstの使い方と結びつきます。下の使い方の例を確認してみてください。

❶Against the rule
ルール違反で

❷Against the wall
壁を背にして

❸Against the wind
逆風で

❹Against the blue sky
青い空を背に➜背景に

❺Go against the flow
流れに逆らう

❻Are you for or against?
賛成?反対?

ぺんぺん
下の例文も参考にしてみてね!

❶Don’t go against the rule. You should respect it.
ルールに背いちゃダメ、尊重すべきだよ。

❷Our coach stands against the wall.
私たちのコーチは壁に背を向けて立っている。

❸Swallows fly against the wind.
ツバメは風に逆らって飛ぶ。

❹It is difficult to run against the wind.
逆風で走るのは難しい。

❺It goes against my own rule.
自分の中のルールに反する。

❻“Are you for or against” A chairman asked.
賛成?反対?委員長は尋ねた。

 

お疲れ様でした。前置詞のイメージの解説はここまでで終わりです。動詞や助動詞のイメージも解説していますので、合わせて読んでみてください。
わんわん
【大人の暗記術】基本動詞×イメージで英語表現が広がる

続きを見る

【大人の暗記術】イメージで出来る英語の前置詞の覚え方と使い分け

続きを見る

ぺんぺん
語源のイメージから芋づる式で英単語を覚えられる記事もあるよ。
接頭辞×語根×接尾辞の組み合わせで英単語が芋づる式に身に着く語源学習法

続きを見る

 

英会話ロードマップ

当サイト書かれている内容を実施していけば英会話初心者でも「日常会話レベル」に到達出来るように情報をまとめてあります。
わんわん

基本動詞を使いこなすためには、使える形でインプットする事とともに、アウトプットで定着をさせることが大切です。

使える形でインプットするためには、この記事で紹介をしたような基本動詞をイメージで覚えたり、よく使うフレーズを実際に使われている場面と関連付けて覚える等の工夫が必要です。

またアウトプットでは、ひとりごとを英語で行う「ひとりごと英会話」や6,000円~の格安で毎日英会話のレッスンを受けることができる「オンライン英会話」がおすすめです。

早速英会話の勉強を開始できるように、「日常会話レベルを目指す初心者向け」勉強モデルスケジュールを用意しました。「この記事が参考になった!」という方は下のモデルスケジュールをあわせて参考にしてみてください。

STEP1 時間の捻出

通勤時間などの隙間時間や、机に座って時間が取れる学習時間がどれだけ確保できるか考えてみましょう。

STEP2 学習内容を細かく決める

隙間時間:英語学習アプリを活用する

単語・文法学習:単語帳・参考書を用意する
英会話初心者の独学におすすめの本・参考書【社会人のやりなおし英語にも】

続きを見る

【2021年最新版!】中学生・初心者におすすめの英単語帳3選と効果的な使い方

続きを見る

アウトプット:ひとりごと英会話・オンライン英会話
【最新版】おすすめのオンライン英会話ランキング【"英語初心者"向け】

続きを見る

STEP3 実際にスケジュールを決める

❶出勤時間やお昼休み、待ち時間、リビングでくつろいでる時間などに英語学習アプリを活用:30分以上は確保できるはずです。

❷移動時間やシャワー中、寝る前のくつろいでいる時間などにひとりごと英会話を実施:30分以上は確保できるはずです。

❸朝起きてから、もしくは帰宅後に30分、単語・文法の参考書を進める。単語は音読する。

❹朝起きてから、もしくは帰宅後に予習復習あわせて40分、オンライン英会話をする。

このモデルスケジュールなら英会話初心者でもバランスよく英会話のスキルを伸ばせます。
わんわん

-大人の暗記術

© 2021 わんわん英会話 Powered by AFFINGER5