英会話の勉強

英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

この記事の内容

  • 日本語と英語の違いをわかりやすく解説
  • 英語を整理してインプットする勉強法を解説
  • 独学で英語のアウトプットが出来る勉強法を紹介
  • 英会話学習について、わかりやすくまとめています。

「英会話の勉強をはじめたいけど、どのように勉強したら良いかわからない・・・。」このように考えていませんか?

僕が英会話の勉強をはじめたのは20代後半のころで、学生時代に習った単語や文法もすっかり忘れており、手当たり次第いろいろな勉強をしていました。

そこから、コツコツと英会話の力を伸ばして、今では社内通訳として大事な会議やセミナーでの通訳などもしています。

 

日常会話が出来るだけで、世界が広がります。この記事をきっかけに、世界中の人と話せる人生にしませんか?
わんわん

 

英語初心者でも独学で英会話の勉強が出来ます。

こんにちは、わんわんです。

この記事では、僕が英会話の勉強をしてきた中で、特に効果のあった英語勉強方法をまとめてあります。僕の提案する英語勉強法を実践すれば、独学で日常英会話レベルを目指すのも決して難しい目標では無いと思います。

 

ぺんぺん
ふーん。ところで、英会話って独学で勉強できるの?
英会話といっても基本的には一人で勉強しないといけない部分が大きいよ。いきなりネイティブと英会話の実践なんて、ある程度学習の進んでいる人のすることだよ。
わんわん

 

Contents

初心者が英会話の勉強をする3ステップ

英会話学習をはじめるなら、基本的には下記の3ステップで英語の勉強を進めるのがおすすめです。

英語学習の流れ

  • 日本語と英語の言葉の順番・違いを理解する。(文法・発音)
  • 使える形でインプットをする。(単語・日常英会話フレーズ)
  • アウトプットを通して英語を自分のものにする。(英会話)

英語を勉強するのであれば、そもそも英語がどのようなものか理解をする必要があります。ここを無視して英会話の勉強に入ると、ある程度したところで伸び悩みます。

ぺんぺん
なるほど。まずは敵を知るということだね!
その後に、敵を倒すための武器を手に入れて、使いこなしていく流れだよ。
わんわん

英文法はピラミッドの土台部分

今回の目標は「日常英会話レベル」です。

文法に関しては中学生で習うレベルの文法をざっとおさらいし、単語に関しては一般的に日常英会話に必要とされる2000語程度の習得を目指しましょう。

(リスニングやリーディングの勉強を入れるとしたら2と3の間、もしくは3と並行して行うのがお勧めです。知らない単語や文法は聞けないし読めないからです。)

 

独学で日常英会話レベルへ

 

一般的に日常英会話レベルとは「日常に困らない最低限のコミュニケーション」レベルを指します。

このレベルに達していれば、自己紹介や転職活動などでも「日常英会話は出来ます。」と言っても問題ありません。

 

この記事では日常英会話レベルを目指している人に向けたものだよ。
わんわん

独学での英会話の勉強に必要なお金

学校に通わずに、独学で英会話の勉強をする場合は普通に考えると下記の費用が掛かります。

文法 参考書1冊(2000円くらい)
単語 単語帳1冊(1500円くらい)
発音 ❶参考書1冊(2000円くらい)
❷オンライン英会話で矯正(6000~12000円/月 ※オンライン英会話による)
英会話 ❶英会話サークル(1回の参加で500円)
❷オンライン英会話(6000~12000円/月 ※オンライン英会話による)
合計 4万2000円~7万7000円くらい
(6か月オンライン英会話を続けたとして計算)

この金額で十分「日常英会話レベル」を目指せます。高価な教材を買う必要はありません。

 

ぺんぺん
それでもちょっとお金がかかるんだね。
どうしても会話の相手も必要になるからね。ただ、英会話が出来れば仕事の幅や世界観も広がるし、十分に価値はあると思うよ。
わんわん

※予算的に厳しいと思う方は、後ほど紹介をする"ひとりで行う英会話のアウトプットの練習"期間を多めにとって、オンライン英会話や英会話サークルなどの実践回数・期間を減らせば調整出来ます。

 

便利なオンライン英語辞書

学習に忘れてはいけない辞書ですが、オンラインの英語辞書が便利です。下記のオンライン英語辞書は「お気に入り」登録しておく事をお勧めします。

英辞郎 on the WEB (日英辞書)

Longman Dictionary (英英辞書)

他にもオンライン英語辞書はありますが、使用するのは結局1つになるかと思いますので、ここでは日英辞書と英英辞書の1つずつ紹介しています。初心者のうちは日英辞書を使い、学習に慣れてきたら英英辞書を使います。

英語の勉強は、どれくらいの時間・ペースが良いの?

基本的には自分のペースで勉強してください。

お勧めのペースは、平日1~2時間、土曜日2~3時間、日曜日・祝日休みなど飛ばしすぎないくらいがちょうど良いと思います。ただし6か月は英語の勉強を継続しましょう。

英会話を習得するにしては1日の英語の勉強時間が少ないと思われるかもしれませんが、英語学習は50m走ではなくて、長距離走と考えて頂けると少し納得して頂けると思います。最後に目標を達成できるのはこつこつ頑張る人です。

 

いきなり飛ばすんじゃなくて、勉強に慣れてきてから、少しずつ勉強時間を増やしていくのがお勧めだよ。
わんわん

英語の勉強を習慣化させる3つの方法

英会話学習は続けることが大切だとお伝えしましたが、英語の勉強をする習慣のない人が6か月も勉強を続けるのは本当に難しいです。そこで、英語の勉強を習慣化させる3つの方法をご紹介します。

英語の勉強の目標と目的を設定

まず、人は目指すべき目標とその目的が無ければ頑張れません。この2つが強く、明確であるほど、英語の勉強に集中出来ます。

目的 ➜ 目標 例

「外人さんと雑談だけでも出来たらなぁ。」➜「日常英会話レベルを目指す」

「会社が国際事業に力を入れることに」➜「ビジネス英語レベルを目指す」

 

ぺんぺん
なるほど。やるしかない!ってなったら頑張るもんね。
この目的と目標があいまいだと勉強は続かないよ。まずはしっかり設定してね。
わんわん

自分の周りの人に「英語を勉強しています。」と宣言してしまう事もお勧めです。周りに宣言をしてしまうことで、後戻り出来ない状況をつくります。

英語の勉強の計画を立てる

目的と目標が設定出来たら、次に決めないといけないのは英語勉強の計画です。

人は何をすれば良いかわからないのに勉強をすることは出来ません。

具体的には、下記のような事を決めておくことが必要です。

「どの文法の参考書を買って、どのようなペースで、どうやって英語の勉強をするか。」

「オンライン英会話はどこを選んで、どうやって予習し、復習するのか。」

「英語の発音はどうやって勉強するのか。」

こうした事があいまいのまま勉強を進めても不安が残ったままになり、前に進む力が弱くなります。

僕が実際にノートに書きこんでいた勉強の計画の立て方を紹介しますので、参考にしてみてください。下のようなスケジュールをノートに書き込み、終わったノルマには×マークを上につけます。

スケジュール(前期)文法の参考書は1か月で読み切る。

文法の参考書を1時間 発音の練習を30分 単語帳を音読30分
文法の参考書を1時間 発音の練習を30分 単語帳を音読30分
文法の参考書を1時間 発音の練習を30分 単語帳を音読30分
文法の参考書を1時間 発音の練習を30分 単語帳を音読30分
文法の参考書を1時間 発音の練習を30分 単語帳を音読30分
予備日(消化出来ていないノルマの消化)
勉強お休み

スケジュール(後期)文法はわからない事があるたびに調べなおす。

オンライン英会話(予習復習込みで)45分 発音の練習30分 単語帳を音読30分 独り言15分
オンライン英会話(予習復習込みで)45分 発音の練習30分 単語帳を音読30分 独り言15分
オンライン英会話(予習復習込みで)45分 発音の練習30分 単語帳を音読30分 独り言15分
オンライン英会話(予習復習込みで)45分 発音の練習30分 単語帳を音読30分 独り言15分
オンライン英会話(予習復習込みで)45分 発音の練習30分 単語帳を音読30分 独り言15分
予備日(消化出来ていないノルマの消化)
勉強お休み

※ここでは英会話用の勉強スケジュールを紹介していますが、実際には上のスケジュール以外にライティングやリーディングなど別の勉強もしています。

僕が実際に使っていた参考書など、詳しい勉強の方法については後で解説するよ。「独り言」ってなんやねん!って人も続きを読んでみてね。
わんわん

英語の勉強の時間と場所を用意する

英語の勉強を習慣化させるために、勉強時間と勉強場所を決める方法があります。なかなか勉強に集中出来ない人にお勧めの方法です。

よく「隙間時間の15分をあわせていけば2時間になります!」という人がいますが、僕は15分あるなら、リラックスしたいなぁ。。というタイプの人間です。そんな僕がお勧めするのは勉強時間と勉強場所を決めておく方法です。

「仕事帰りにいつもの喫茶店で1時間、文法を勉強する。」

「単語帳の附属CDを朝/夜の散歩中に聞く。」

「家に帰って落ち着いてから、自宅の机に座ってオンライン英会話の時間をつくる。」

「寝る前にソファ・ベットの上で単語帳を音読する。」

このように場所と時間を決めて、その習慣をつくると勉強が苦痛ではなくなるのでお勧めです。

💡ちょっとした隙間時間には英語学習アプリを活用すると楽しく学習が出来ます

オリジナルの英語の歌を聞きながら、ワクワク学習が出来るアプリが10月30日にリリースされます。

「英音学」ってなんだか楽しそうな名前のアプリですよね。実際に試してみると、ワクワク学習を進める事が出来る設計のアプリになっています。

気になる人はこちらの記事を読んでみて下さい。

≪クリックで「英音学」の解説ページへ

 

日本語と英語の違いを理解する

英会話を勉強するにあたって、まずは英語について知らないといけないことがあります。

日本語と英語の違い

  • 日本語と英語は語順が違う
  • 英語は動詞が大切
  • 英語には日本に無い音が存在する

日本語と英語の語順の違い

はじめに、下の英語と日本語を比較してみてください。

I play baseball on weekends

私は週末に野球をする

基本的な英語の語順は、

❶主語

❷動詞

❸目的語

❹その他情報(場所・時など)

となっており、後ろに情報を足していく形となります。
(他の形もありますが、ここでは説明の為に単純にしています。)

英語と日本語をこのように見比べると、言葉の順番がかなり違います。そのため英語を語順通りに理解しようとするとはじめは苦戦します。

なぜなら、英語に慣れていない人は無意識に日本語の順番で英語を読んでいるからです。
目線は❶I ❷on weekends❸ baseball ❹playと不自然な動きをします。聞くときも同様で、一度聞いた英語を頭の中で整理して日本語に直す作業をしています。

 

ぺんぺん
そういえば学校の授業で、英語は後ろから読めって教わったことがある。
日本語になおして理解するという意味では正解だけど、それではいつまで経っても英会話は出来ないよ。
わんわん

語順通りに英語を英語のまま理解するために、2つの方法をお勧めします。

1、英語を日本語に変換しない

例えば、これはHoldという動詞のイメージです。Holdという言葉を見たり聞いたりした際に「にぎる・つかむ」というような日本語ではなく、イメージが出てくるようになれば、英語を語順通りに理解する助けとなります。

基本動詞に関しては下の記事でイメージを紹介していますので参考にしてみてください。

【大人の暗記術】基本動詞×イメージで英語表現が広がる

続きを見る

2、音読を通して英語を語順通りに理解出来るようにする

音読は黙読と違って語順通りに読まないといけません。

上で紹介した記事の基本単語にはそれぞれ例文がついています。

単語をイメージで覚えた状態で、その単語のイメージを反映した例文を音読する事で英語を語順通り理解する事が出来るようになります。

 

ぺんぺん
え?絵本とか、洋書を読むんじゃないの?
音読をはじめるならまずは短い文章から。基本単語の例文ぐらいがちょうど良いよ。
わんわん

ここで紹介している音読の目的は、英語を英語のまま理解する事にあります。初心者にとって難しい文章は音読には不向きです。まずは基本単語の例文を音読してみてください。

英語は動詞が大切

英語の基本の語順は、S(主語)V(動詞)O(目的語)である事を上で説明させて頂きました。このシンプルな形を意識する事が、英会話ではとても大切です。

 

慣れてないからだと思うけど、「I tennis play」なんて言う日本人の方もたまにいるよ。下の英文のつくり方を参考にしてみてね。
わんわん

1、まず主語を選びます。

I

この際、無生物を主語にも出来ます。例えば、下記の通り。

❶The news said
ニュースで~って言っていた
❷The sign says
標識に~って書いてある
❸The result shows
結果は~であると示している

 

2、次に動詞を決めます。

I play

動詞部分には簡単な基本動詞(※)を使う方法がお勧めです。

※後で説明があります。

 

動詞に続く目的語がある場合は目的語を決めます。

I play baseball 

 

4、その他の情報を足します。(場所・時間など)

I play baseball on weekends

順番は場所➜時間。

※動詞部分に基本動詞を使うことで、英会話がスムーズになります。なぜなら、基本動詞だけで、多くの事が表現できるからです。

例えば、Lookという動詞を見てみましょう。下の図は単語のイメージです。

❶Look up
見上げる
調べる(言葉など
❷Look up to
を尊敬する
❸Look down
見下ろす
❹Look down on
を見下す
❺Look into
を調査する
❻Look over
にざっと目を通す
❼Look through
に目を通す(じっくり)
❽Look after
の世話をする
❾Look around
見て回る

Lookに前置詞をつけるだけで、これだけの意味を持たせることが出来ます。

動詞をこのようにイメージで覚えておけば自然に英単語が頭に思い浮かぶようになります。

英語の第五文型を勉強する

ぺんぺん
SVOが大事っていうけど、他の語順のパターンもあるじゃん!わかりにくいよ。

そんな方の為に、第五文型をイメージで覚える事の出来るイメージ図を用意しました。わんわんの解説と一緒に参考にしてみてください。

第一文型(SV)って?
He runs. (彼は走る)
など主語と動詞だけの文章です。

イメージ図の通り、英語は一番はじめに主語に焦点があたり、次に主語の行動に焦点があたります。
わんわん

第二文型(SVC)って?
He is an office worker. (彼は会社員です。)
など主語と動詞に補語がくっつく形です。 I am Wanwan.(私はわんわんです。)などもこの形です。

「補語」とは主語が「何か」「どういう状態か」「どういうものか」を説明する語のことです。
わんわん

第三文型(SVO)って?
He has A.(彼はAを持っている。)
など主語と動詞に目的語(何を?)がくっつく形です。I love you.などもこの形です。

主語に焦点があたり、行動に焦点があたり、その後は「何を?」に焦点があたります。イメージが出来るでしょうか?英語はこの語順が大切です。
わんわん

第四文型(SVOO)って?
He gives him A.(彼にAをあげる)
など主語と動詞に、「❸誰に」「❹何を」の目的語が2つくっつく形です。別名ギブ型。I'll tell you a story.などもこの形です。

順番に迷ったらイメージ図を思い出してみてください。
わんわん

第五文型(SVOC)って?
He makes him happy. (彼は彼を幸せにした。)
など主語と動詞に、目的語と補語がくっついた形です。

補語を覚えていますか?主語が「何か」「どういう状態か」「どういうものか」を説明する語でしたね。
わんわん

第五文型のイメージをつかんでおけば、これからの学習がずっと楽になります。

基本文型に、助動詞・前置詞を追加していくことで文章が完成します。助動詞や前置詞もイメージで解説していますので、下の記事も参考にしてみて下さい。

【大人の暗記術】イメージで出来る英語の前置詞の覚え方と使い分け

続きを見る

【大人の暗記術】イメージで出来る英語の助動詞の覚え方と使い分け

続きを見る

英語には日本語に無い発音が存在する

英語の勉強で忘れがちなのは、発音とアクセントの練習です。発音が間違っていても伝わるから問題ないと言う人もいますが、それは間違いです。

確かに、日本国内にいる外国人は日本人の話す英語の訛りに慣れているので、発音が変でも理解してくれようとします。発音なんて気にしないという意見も出てくるのは仕方がないことです。
しかし海外へ出るとなると話が変わってきます。

客観的に説明するために、下記のような他の国の発音の癖を知ると、理由がわかります。

日本にはRとLの発音の違いがありませんが(「らりるれろ」はRでもLでもない)

サウジアラビアなどの中東にはBとPの発音の違いがありません。彼らはParkをバークと読みますし、Pitchをビッチと読みます。

I went to the National Park(バーク) yesterday.

The company pitch(ビッチ) a new idea.

もちろん前後の文脈から推測は可能ですが、このように発音をされたとして、果たして理解が可能でしょうか? 下記のRとLの口の違いを見てみてください。

LとRで口の動き方はここまで違いますし、出てくる音も当然違います。

「L」は歯の付け根に舌の先をつける
「R」は舌を後ろに下げる+上部に触れない

Light – Right
Lead – Read

これらの音の違いが実感できるまで発音してみるのがお進めです。

他にも知る必要のある発音がいろいろあります。発音を習得するのに「英語耳」という参考書がお勧めです。ぜひ一度手に取って読んで下さい。

参考書は実際に書店で手に取ってみよう

ぺんぺん
そういえば、なんでAmazonとかのURL載せないの?
いや、本は実際に書店で他の参考書と見比べてみないと駄目だよ。自分に合う本が他にもあるかもしれないよ。
わんわん

参考書や単語帳は、一度読んだら終わりというものではなく、英語学習の間に何度も参考にする本です。実際に見比べて、自分の読みやすそうなものを選ぶのがお勧めです。

この記事で紹介している「英語耳」と「一億人の英文法」は書店での売上も1位・2位となるような人気の参考書です。
「一億人の英文法」は話すための文法解説書。イラストやイメージを使いながらわかりやすく文法を解説しています。書店にお立ち寄りの際は一度手に取ってみてください。

 

ぺんぺん
おすすめの参考書を知りたい人言う人はこちらの記事もどうぞ。
英会話初心者におすすめの本・参考書

続きを見る

 

英語の動画や海外ドラマを利用して英語の勉強

短い文章でのリスニングが出来るようになってきたら、Youtubeにある英語の動画や海外ドラマを使った英語の勉強も出来ます。

自分の興味のある動画やドラマを見ながら勉強が出来る為、継続がしやすいのでおすすめです。

例えば、海外ドラマで勉強するならこういう動画もYoutubeにあるよ。
わんわん

Learn English with TV Series: Friends
レイチェルがジョーイの洋服を選ぶのを手伝ってるシーンです。

ぺんぺん
なるほど。楽しく学習できそうだね。
下の記事では、他にもいろいろ楽しいサイトやアプリを紹介しています。
わんわん
英会話学習が楽しくなる、英語初心者におすすめのアプリ・サイト

続きを見る

使える形で整理してインプットする

英会話の勉強においては、「使える形で整理してインプット」することと「整理した内容をアウトプットして定着」させることが必要です。

中学高校での6年間の英語の勉強・受験英語にTOEICなど、僕たち日本人は英語の勉強をする機会に十分に恵まれています。

それなのになぜ日本人は英会話が苦手なのか?

大きな理由は、インプットとアウトプットの勉強の方法です。よく耳にする情報として、

セールスマン
僕たち日本人は、英語を見る・聞くといったインプットは得意でも、英語を書く・話すといったアウトプットが苦手な人が多い傾向がある。 だからアウトプットの量を増やしましょう! ネイティブと会話しましょう! この教材を買いましょう!!!!

というものがあります。そういう情報は基本的にただの宣伝です。

アウトプットも大事ですが、もっと大事なのは下の2つの視点があるかどうかです。

インプットに大事なのは、この2つ

  • どのようにインプットをしたらアウトプットがしやすいのか
  • どのようにアウトプットをすれば英会話が出来るようになるのか

使える形で英語のインプットが出来る勉強法

試験の為の単語暗記と、英会話の為の暗記は違います。

学校のテストやTOEICの試験などは1つでも多くの単語を多く知っていた方が有利です。わからない単語が多ければ問題文が正確に理解出来ないからです。

一方で英会話では、「使える単語」の数を増やす事が大切です。具体的には頻出の基本的な単語のイメージと使い方をしっかりおさえておくことが必要です。

上で紹介した通り、下記の記事が単語をイメージで覚える参考になります。

【大人の暗記術】基本動詞×イメージで英語表現が広がる

続きを見る

【大人の暗記術】イメージで出来る英語の前置詞の覚え方と使い分け

続きを見る

【大人の暗記術】イメージで出来る英語の助動詞の覚え方と使い分け

続きを見る

 

載っている基本単語は日常会話の中でよく使われるものだけ。これらをしっかりイメージで覚えておくことで英会話力は確実に上がるよ。
わんわん
ぺんぺん
英単語の覚え方についてはこっちの記事もお勧めだよ!
【大人の暗記術】語源×イメージで英単語がスッと頭に入る。

続きを見る

英会話のためのフレーズをインプットする勉強法

次に「使えるフレーズ」を増やしていきましょう。普段の日常会話でよく使われる質問は同じものが多く。何度も何度も同じフレーズを口にして、使ってみて、自分のものにしていく事が必要です。

例えば、よく日常会話で使われる質問フレーズとして、下のような質問があります。

❶How was your weekend?
週末はどうでしたか?

❷How was your trip to ~?
~への旅行はどうだった?

❸What do you do in your spare time?
時間のある時は何をされていますか?

❹What do you do for a living?
お仕事は何をされていますか?

❺Do you play any sports?
スポーツは何かしてますか?

 

あるいは、聞き直しのフレーズとして、下のような聞き方があります。

❶What did you say?
なんて言ったの?

❷What do you mean?
どういうこと?

❸Sorry. I don’t understand.
ごめんね。わかんないよ。

❹Could you say that again?
もう一度言って頂けますか?

❺Could you speak more slowly please?
もう少しゆっくり話して頂けませんか?

ぺんぺん
フレーズをもっといろいろ知りたい人はこちらの記事もどうぞ
日常英会話のフレーズ・例文集(挨拶・自己紹介など200例文)

続きを見る

こうした日常でよく使われるフレーズを覚えていく為に、ノートにフレーズをメモして何度も見直す方法がお勧めです。

使えるフレーズを増やしていくためには、下記の4つの方法をお勧めします。

英会話フレーズをメモにとる

単語帳や参考書、英語学習アプリには「使えるフレーズ」が何度も登場します。そうしたフレーズをただ読み流しているだけではなく、自分のフレーズノートに記録していきます。

「これって英語でなんて言うの?」をネットで調べてメモ

自分が日本語でよく使うフレーズが、実際に英語ではどのように表現をするのか、調べてみメモしておきましょう。

例えば、「よろしくお願いします。」って日本語ではよく使うけど、英語で何て言うの?
という場合は

よろしくお願いします 英語

で検索します。

オンライン英会話の先生がいつも使う英語フレーズをメモ


実際にどのような場面で使っているのか確認した上でメモを取るので、自分のものにしやすいです。またオンライン英会話では聞き取れない場合、先生がチャットボックスを使ってメモを取ってくれます。

海外ドラマから使える英語フレーズをメモ

海外ドラマを見ていると、実際の日常会話のシーンで使われているフレーズを覚える事が出来ます。

メモを取った後は、覚えたいフレーズの前後のシーンを何度も完璧に聞き取れるまで、再生する事で、リスニングの練習にもなります。

覚えたフレーズは実際に口に出して覚えるのがお勧めです。何度も何度も音読をすると、自然に口から出てくるようになります。

独学で英語のアウトプットが出来る勉強法

使える形でインプットが出来たら、英語をアウトプットして自分のものにしていきましょう。下の3つであれば、すぐに英会話の練習をはじめられます。

アウトプットの方法

  • 英語で独り言
  • オンライン英会話
  • 英会話サークル・英会話クラブ

英会話の独り言勉強法

英語の独り言は、当然ですが英語で話すという事を意味します。

英語で話すという事は、当然ですが英語のアウトプットの練習になります。お金もかかりませんし、自分のペースでアウトプットの練習が出来るのでお勧めです。

話す内容は、はじめは短い簡単なもので構いません。例えば、今日一日の出来事や今の感情など。

❶I woke up at 8.

8時に起きた。

❷I went to the office.

事務所に行った。

❸I had a lot of paperwork today.

今日は事務処理がいっぱいあった。

❹I'm tired.

つかれた。

❺I will go shopping this weekend.

週末買い物に行く。

まずは辞書を使わずに自分の今日一日の仕事や、その感想、これからの予定などを知っている英語で、口にしてみましょう。

次に英語で思い浮かばなかった単語を調べます。これを繰り返す事で、アウトプットが出来るようになってきますし、知っている英単語の数も増えます。

慣れてきたら、簡単な文章だけではなくて、接続詞を使って文章を長くしてみてね。
わんわん

独り言がどうしても苦手な人は、こうした形で用意された質問に答える方法もあります。「よく使われるフレーズ」として既に紹介させて頂いた質問に独り言で答えてみましょう。実際に聞かれた時にすぐに答える事が出来るようになります。

❶How was your weekend?
週末はどうでしたか?

❷How was your trip to ~?
~への旅行はどうだった?

❸What do you do in your spare time?
時間のある時は何をされていますか?

❹What do you do for a living?
お仕事は何をされていますか?

❺Do you play any sports?
スポーツは何かしてますか?

応用ですが、「こうだったらいいのになぁ・・・。」というような話が膨らむ独り言もお勧めです。

独り言学習のコツは話を膨らませることだよ。
わんわん

オンライン英会話

英語の独り言になれてきて物足りなくなってきたら、オンライン英会話をお勧めします。

オンライン英会話とは?

無料通話ソフトのスカイプSkypeなどを使い、オンラインで受ける英会話のレッスンです。
ビデオ通話ですので、対面でのレッスンと同様に先生の表情や口元なども確認しながらレッスンを進める事が出来ます。
教材もインターネット上にあるものを開いて使います。
またSkypeを利用したレッスンでは、チャットボックスがありますので、先生が文法の間違いをチャットボックスにメモで残してくれたり、英語が聞き取れない場合にもチャットを利用する事が出来ます。

英会話スクールとオンライン英会話を比べたメリット・デメリット

英会話スクール オンライン英会話
メリット ・担当の先生・カウンセラーなどがついて相談が出来る
・自習室を備えている
・定期的なイベントがあり、勉強仲間を増やせる
・先生はネイティブ
・値段が比較的安い
・予定の変更が柔軟にできる
・場所を選ばない
デメリット ・値段が高い
・予定の変更がきかない
・通学と比べてモチベーションが保ちづらい
・先生はネイティブではない場合が多い(ネイティブプランもあり)
金額 (英会話スクールA)

・5,000円/1回(50分)

・30回のレッスンで20万円+別途教材費

・6,000~12,00円/月の格安料金で様々なタイプの英会話レッスンを受講できる。

・入会金や教材費はかからないことがほとんど。

「お金に余裕があって、ひとりでモチベーションが保てない人」には英会話スクールもお勧めだけど、基本的にはオンライン英会話のメリットの方が大きいです。

オンライン英会話が人気の3つの理由

オンライン英会話が人気の理由は3つあります。

オンラインが人気の理由

  • 英語学習におけるインプットとアウトプットのバランス
  • 英語学習を習慣にしやすい
  • 英会話スクールに比べて金額が安い

英語学習におけるインプットとアウトプットのバランス

「英語で書かれた文章は何とか読める気がする!でも外人さんに話しかけられたらうまく英会話が出来る自信が無い。」

そんなことはないでしょうか?

僕が学生の時は英語と言えば文法・長文読解で、英会話の練習はほとんどありませんでした。そのおかげで、はじめて海外に出た時でも英語の案内板はなんとなく読めるし、英語でのメールのやりとりもそれほど苦労はしなかったです。

一方で外人の方に話しかけられるとまともに英会話が出来ませんでした。

 

英会話はアウトプットとインプットの繰り返しで上達する

英文法や長文読解などのインプット学習をしているだけでは、まして英語を聞いているだけでは英語が話せるようになるという事はありません。英語を話せるようになるためのプロセスはアウトプットとインプットの繰り返しが必要です。

 

オンライン英会話では効率良くアウトプットとインプットのサイクルを回す事が出来ます。
わんわん

 

英語学習を習慣にしやすい

他にもオンライン英会話がオススメな理由として、インターネット回線があれば時間と場所を選ばないという事が挙げられます。

24時間受けれるわけではないですが、夜遅い時間帯でもたいていレッスンの受講が可能です。

そのため、仕事で帰りが遅くなるサラリーマンであってもレッスンの受講が出来ます。

またレッスンは25分の短めの時間設定ですので、「帰宅後すぐの仕事モードの時に」や「夕食後にコーヒーでも飲みながら」など毎日の習慣に取り入れやすいです。

仕事場で、仕事終わりに受けるレッスンを受ける人もいます。(わんわんのことです。)

英会話スクールと比べて金額が安い

英会話スクールと比べて金額が安いというのもお勧めの理由の1つです。

僕は英会話スクールに通っていたこともありますが、

通っていた英会話スクールでは、
30回のレッスンで20万円+別途教材費でした。
50分のレッスン1回の金額が5,000円以上です。

 

オフライン英会話スクールのメリット

もちろん、英会話スクールにも下記のようなメリットがあります。

・講師のプロ意識/サービス精神は高い
:例えばプライベートでご飯に行くこともありますし、授業前後には雑談もあります。

・担当のカウンセラーがついている
:オンライン英会話にも日本人のカウンセラーがついていることがありますが、固定の担当ではない場合が多いように見受けられます。担当のカウンセラーがついていることで、安心して学習の相談が出来たり、学習計画を一緒にたてたりすることが可能です。

・自習室の完備
:自宅で勉強が出来ないという方のために、英会話スクールによっては自習室を完備しているところもあるというのもポイントになるかと思います。

・英会話スクールのイベントに参加できる
:ハロウィン・クリスマス・特別講義など英会話スクールが開催するイベントに参加する事が出来て、英語学習のモチベーション維持にもつながります。

 

オンライン英会話の無料体験を受けてみよう

オンライン英会話がどのようなものか試してみたい場合は、無料の体験レッスンを受けてみるという手もあります。QQ Englishでは、はじめに日本人のガイダンスがあるので初心者にも人気です。

 

無料で2回の体験レッスンが受けれます。オンライン英会話を受けるかどうかは体験レッスンを受けた後に考えても良いかと思います。
わんわん



英会話を教師の質で選ぶなら【QQ English】

英会話サークル・英会話クラブを活用

東京や大阪などの大都市には数多くの英会話サークルが存在しますので、参加してみるのもお勧めです。

有名どころだと、「ワンコイン英会話」「東京英会話倶楽部」が全国各地の会場で開催しています。探すときは、

都市名(東京・大阪など) 英会話サークル

で検索すると色々出てきます。

サークルによって年齢層や人の雰囲気などがちょっと違うので、自分に合う所を見つけてね。
わんわん

上の2つのサークルには僕も計100回以上は参加しています。雰囲気や流れは下の通り。

ワンコイン英会話:参加費は500円+飲み物代金。夜7時もしくは土日の朝に喫茶店の2Fなどを貸し切って行う英会話サークル。旅行中の外国人の飛び入り参加も結構あります。

僕はワンコイン英会話で知り合った外人さんとたまに連絡を取り合ったりしています。

事前登録は必要無くて、飛び込みで参加します。進行役の人にざっくりと自分の英会話レベルをお伝えします。(初心者・留学経験がある・ちょっとは話せる等)

基本的にはテーブル毎でフリートークが行われます。終わった後に皆でバーやご飯に行くことも多いです。

東京英会話クラブ:参加費は500円。平日の夜もしくは土日の日中(会場により異なる)などに〇〇会館などの部屋を貸し切って行う英会話クラブ。事前に英会話レベルの登録をインターネット上でしておきます。(初心者・初中級・上級から選択)。

こちらは外人さんはほとんどいません。ただし留学帰りの人など、英語が流暢な人も多いです。

僕の参加していた会場では、アイスブレイク(1:1でテーマについて1-2分間話す)➜フリートーク➜テーマについて話す➜1:1の流れで英会話の練習が行われていました。

※内容は、会場や進行役によって異なります。

 

何を話したら良いの?

オンライン英会話なら先生が話を振ってくれますが、英会話サークルでは自分から積極的に質問を考えなければなりません。こういう時に役立つのが質問フレーズを覚えておく事です。

下の記事では、日常会話のフレーズをまとめていますので参考にしてみてください。例文も充実しています。

日常英会話のフレーズ・例文集(挨拶・自己紹介など200例文)

続きを見る

 

おわりに

記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

今回は、英会話初心者向けの記事を書かせて頂きました。基本的には、書かれている内容を練習していけば「日常会話レベル」に到達出来るように情報をまとめてあります。

記事のような英語・英会話初心者に向けた情報発信や記事の更新の告知などをツイッター上で行っています。興味のある方は、わんわん(@wanwan_english)をフォローして確認してみてください。

今日読んで頂いた記事の内容は下記のとおりです。覚えきれてないという人は、この記事を「お気に入り」に登録しておきましょう。
わんわん

 

-英会話の勉強

© 2020 わんわん英会話 Powered by AFFINGER5