英会話の勉強

【TOEICに応用できる】英語初心者のためのリスニング勉強法

☑ 読めるけど、聞き取れない。

☑ ゆっくり話してくれたらわかるけど、英語を理解するのに時間がかかる。

☑ TOEICリスニングパートの点数をあげたい。

そんな人におすすめの情報をまとめています。

英語のリスニングが苦手で、どのように勉強をしたら良いのか、悩んでいませんか?

僕も英語の勉強をはじめたときは同じような境遇でした。僕が英語の勉強をはじめたのは20代後半のころで、学生時代に習った単語や文法もすっかり忘れており、リスニングにいたってはお手上げ状態でした。

今は別の仕事をしていますが、そんな英語力0の状態からコツコツと英語の力を伸ばして、社内通訳として大事な会議やセミナーでの通訳などをしていました。

この記事では、僕が英語の勉強をしてきた中で、特に効果のあったリスニングの勉強方法をまとめてあります。僕の提案する勉強法を実践すれば、英語力0から英語をちゃんと聞き取れるようになるのも決して難しい目標では無いと思います。

リスニングが出来るようになれば、英会話も今より楽しめますし、簡単な英語のドラマであれば字幕無しでもある程度は理解が出来るようになります。

この記事ではまず、英語が聞き取れない原因について説明します。またどのような勉強をすれば聞き取れるようになるのかを3STEPで解説します。

記事の後半では、リスニングの勉強におすすめのアプリの紹介やTOEICのリスニングパートについての勉強法をまとめています。

英語が苦手だった僕が実践してきた内容をまとめたこの記事を読んだ後には、『聞き取れない』脱却までの道のりが見えてくるはずです。

こんにちは、わんわんです。僕はもともと英語が苦手で、外国人に簡単な道案内をすることも出来ないレベルでした。しかしそこからコツコツ勉強をし、英語を使って仕事が出来る英語レベルになりました。

僕が英語の勉強をはじめたのは20代後半。英語が苦手な人の気持ちを誰よりも理解出来ます。少しでも苦手意識を持たないですむように、英語をわかりやすく解説しています。

英会話の勉強法はこの記事を読んでみてください。
わんわん
英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

続きを見る

 

英語が聞き取れない3つの原因

僕は英語の勉強をはじめたばかりの時は、「なんで聞き取れないんだろう・・・?」と考えていたことがあります。

おそらく同じように考えている人も多いはず。まずは英語を聞き取れない原因を見ていきましょう。

原因さえわかれば、英語を聞き取るようになるにはどうすれば良いのかがわかります。

頭の中で音と単語が一致していない

簡単な例で説明をします。

I don't know.(知らないよ)

アイ ドン(ト) ノウ

don'tのtは音が小さい、聞こえない場合が多いです。

knowを(ノウ)と発音しますが、kの発音はどこかに消えてます。

他にも、aisle(通路)はアイルと読みます。音で単語を覚えていないとリスニングなんて出来ないですよね。

そのため、単語や例文は音で覚える必要があります。

また、面倒なことに音が繋がっていたり、抜けていたりする事もあります。

Come onはカム オンではなくてカモーンですよね?

Good jobはグッド ジョブではなくてグッジョブですよね?

【音が繋がってる面倒なやつら】

as soon as アズスーナズ
would you ウッジュー
Can I キャナイ?

【音が抜けてる面倒なやつら】

look ルッ(ク)
good job グッジョブ
what do you do? ワッドゥーユードゥ?

【短縮された面倒なやつら】

wanna=want to

gonna=going to

これらも同じです。こうしたパータンを覚えていくには、例外パターンを聞いた時に何度も聞いて耳慣らしする必要があります。

そもそも知らない単語は聞き取れない

当たり前ですが、知らない単語は聞き取れません。

日常会話やTOEICで頻出の英単語はある程度限られているので、リスニングの勉強の前に英単語の勉強に時間をつくるのがおすすめです。

音声付きの単語帳を用意し、何度も聞き、音読をして単語を音で覚えましょう。

聞き取った英語を頭で処理しきれない

知っている英単語も聞いたらすぐに意味を理解出来なければ、リスニング力が上がりません。

その為には、英語を聞く準備をする必要があります。一番大切なのは語順通りに英語を理解する事です。ここでも簡単な例を用いて説明をします。

I play baseball on weekends
私は週末に野球をする

基本的な英語の語順は、
❶主語
❷動詞
❸目的語
❹その他情報(場所・時など)
となっており、後ろに情報を足していく形となります。
(他の形もありますが、ここでは説明の為に単純にしています。)

英語と日本語をこのように見比べると、言葉の順番がかなり違います。そのため英語を語順通りに理解しようとするとはじめは苦戦します。

なぜなら、英語に慣れていない人は無意識に日本語の順番で意味をとらえているからです。
目線は❶I ❷on weekends❸ baseball ❹playと不自然な動きをします。聞くときも同様で、一度聞いた英語を頭の中で整理して日本語に直す作業をしています。

この習慣を直さない限りは英語のリスニング力は伸びません。

この辺りの説明はこちらの記事にまとめていますので、詳しく知りたい方は確認してみてください。

英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

3STEPでリスニングの勉強

原因がわかったところで、さっそく対策を実施していきましょう!

STEP1 語彙力を強化する

目標のリスニング力に応じた単語帳を用意して語彙力を鍛えます。その際には必ず音声付きのものを選び、単語や例文を音で覚えます。

ここで大切なことは、一瞬で英単語を理解出来るように覚えておかないといけないという点です。リーディングであれば自分のペースで英文を理解することが出来るため、英単語の意味を思い出すのに少し悩む時間はありますが、リスニングはそうではありません。

そのため、基本的な単語やイディオムは日本語ではなくイメージで覚えておく事がおすすめです。下記の記事もあわせて参考にしてみてください。

【大人の暗記術】基本動詞×イメージで英語表現が広がる

【大人の暗記術】イメージで出来る英語の前置詞の覚え方と使い分け

語彙力を強化したいのであればこちらの記事もおすすめです。

【大人の暗記術】語源×イメージで英単語がスッと頭に入る。

STEP2 英語のリスニングが出来る英語脳をつくる

英語がどのようなものか理解し、英語のリスニングの準備をしていきましょう。

上でも紹介していますが、英語がどのようなものかはこちらの記事にまとめてあります。

この記事は「英語 独学」「英会話 独学」で検索しても一番上か二番目に出てくる人気の記事で毎月2万人が参考にしています。

英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

STEP3 短く簡単なものからリスニングをはじめる。

さて、まずは短くて簡単なものからリスニングをはじめることがおすすめです。読んだらすぐに理解出来るような内容であっても、リスニングとなるとはじめは理解出来ません。

まずは中学生レベルのリスニングからはじめることをおすすめします。

「バカにするな!俺はニュース記事でも問題無く英語で読めるんだ!」と、思われる方もいるかもしれません。

僕もリスニングの勉強をはじめたばかりの時はそうでした。ある程度英文が読めるのだから、同じレベルのリスニングが可能なはずだと同じように考えていました。

しかし読む能力(リーディング)と聞く能力(リスニング)は別の能力であることに気が付きました。実際に目からの情報が耳からの情報に変わっただけで、全然理解が出来ませんでした。リスニングの勉強をはじめるのであれば、まずは簡単なところからはじめましょう。

耳から入ってくる情報(リスニング)になれてきたら、レベルを上げていけばよいだけです。ステップアップしてクリアしていけば割とすぐにクリアして次のステップへ進めます。

長い文章は短い文章が聞き取れるようになってからチャレンジします。

リスニングにはアプリがおすすめ

こちらの記事紹介する英会話リスニングなどのアプリや動画を活用したリスニングがおすすめです。

【英語学習アプリ神7】隙間時間におすすめの最強アプリ公開【"初心者"向け】

アプリの例(英会話リスニング)

このくらいの短い英文になれてきて、問題無く聞き取りが出来るようになってきたらYoutubeや海外ドラマを使った学習に移るのがおすすめです。

TOEIC問題のリスニング

TOEICを活用してのリスニングの練習もおすすめです。TOEICではバランスよくリスニング力を伸ばす事が出来ますし、自分のリスニングレベルをチェック出来るのでおすすすめです。

試験を受けなくとも、公式問題集をリスニングの練習として活用が出来ます。

TOEICのパート1

パート1は写真が用意されており、写真を描写している正しい英文を選ぶ問題です。

短い文章を間違いなく聞き取る能力が求められます。使われている単語は簡単なものがほとんどですので、日常会話の語彙力があって、英語の基本である誰が(S:主語)、どうしているのか(V:動詞)、何を(O:目的語)の語順が問題無く理解出来るようになっていればミスをしないはずです。

TOEICのパート2

これは上で紹介したアプリでの勉強がそのまま直結する問題です。

英文を聞いて、自然な回答を選ぶというものです。

(英会話リスニング)

まさにこの形ですよね。ただ、TOEICではビジネス場面での会話が多いです。

有料アプリですが、スピークバディを使えば、ロールプレイを通してビジネスシーンの会話のやりとりが学べるのでおすすめです。隙間時間に使えます。

スピークバディでロールプレイをはじめてみる

TOEICのパート3

会話問題です。2人もしくは3人の話者がどんな事が話しているか質問があり、回答します。

例えば、「この会話はどこで行われていますか?」「彼女の職業は何ですか?」「彼は次に何をすると思いますか?」といった質問があります。

会話を聞きながら、この人たちは何処で会話をしているのか?誰なのか?何をしているのか?を考えながら聞き取る必要があります。

ただ、結局のところパート2や上で紹介した「英会話リスニング」の中の会話のやりとりの延長上です。

短い英文を聞き取る勉強をしていれば、会話のやりとりが少し長くなったとしても問題はありません。

根本的なリスニングの勉強としては、短い英文を確実に聞き取れるようになるというのが基本です。

TOEICのパート4

アナウンスやメッセージ、ニュースが読み上げられて、質問に答えていく問題です。

例えば、「何処でアナウンスがありますか?」「メッセージの目的はなんですか?」「誰がこのメッセージを聞いていますか?」などの質問があります。

何でこのアナウンスがおこなわれているのか?誰に向けてのものなのか?どこで行われているのか?を考えながら聞き取る必要があります。

英語は結論ファーストなのて、1~2センテンス目を特に集中して聞き取るのが大切です。

~の件でお電話致しました。(メッセージ問題)

~はお好きでしょうか?(宣伝広告問題)

今日取り上げるのは~です。(ニュース問題)

などなど、目的が一番はじめにきます。何で電話をかけたのか?何でこのアナウンスをしているのか。

ここを聞き逃すと、話の要点を見つけるのが大変になりますので、注意しましょう。

パート3と4のちょっとしたコツ

テクニック論となりますが、問題を先にざっと読んでおくことをオススメします。

問題を先に見ておけば、「誰が?何を?どこで?なんで?どのように?」に注意して聞けるようになるからです。

例えばパート3で「この会話はどこで行われていますか?」という問題があったのであれば、どこで会話がされているんだろう?と考えながらリスニングが出来ます。

パート4の問題で「アナウンスの目的はなんですか?」とあった場合、何でこのアナウンスがあるんだろう?と思いながら読めますよね。

リスニングの途中に問題文を読むなんて無理だよ!と思っていませんか?

パート3のガイダンス中に、パート3のはじめの問題を読んで、リスニング中にどんどん回答をしていく。パート3のはじめの問題の回答時間に2問目の問題を読んでおく、2問目のリスニング中にどんどん回答をしていく。・・・(以下同じ)を繰り返せば簡単です。

集中力がいりますが、このテンポを崩さないことが大切です。

おわりに

記事を読んで頂き、ありがとうございました。この記事のような英語・英会話初心者に向けた情報発信や記事の更新の告知などをツイッター上で行っています。興味のある方は、わんわん(@wanwan_english)をフォローして確認してみてください。

ぺんぺん
英会話初心者の人にはこっちの記事もお勧めだよ。

英会話初心者が独学で日常会話レベルを目指すための勉強法

-英会話の勉強

© 2020 わんわん英会話 Powered by AFFINGER5